相手をイラっとさせる「挨拶」をしてませんか?

「連絡がなかったから心配していた」はなぜNGか

「余計なひと言」を好かれる「セリフ」に変える事例をご紹介します(写真:alvarez/iStock)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

長年、カウンセラーとして、さまざまな企業内健康管理室でたくさんの方の話を聞いてきましたが、ご相談いただく悩みの9割は、「上司とうまくいかない」「部下の指導に手こずっている」「取引先とかみ合わない」「家庭不和」など、「人間関係」に関することです。

この連載の記事一覧はこちら

言葉というのは怖いもので、使い方を一歩間違えると人間関係にヒビが入ったり、取り返しがつかなくなったりすることもあります。相手をイラっとさせてしまうのか、素直に喜んで受け入れてもらえるかは、ほとんどがその「言い方」によるのです。

では、どんなふうに言えばいいのでしょうか? 拙著『よけいなひと言を好かれるセリフに変える言いかえ図鑑』では、「余計なひと言」を好かれる「セリフ」に変える事例を、15シーンに分けて解説します。そのいくつかをこちらでご紹介します。

「挨拶」はもっとも大事なコミュニケーション

「挨拶」は、第一印象を決める大切な儀式。相手に「安心感」と「信頼感」を与えるための、もっとも大事なコミュニケーションです。ほんちょっとの「言い方」の違いで、相手に与える印象は変わるもの。ふだん、どんな声かけをしていますか?

×よけいなひと言 「疲れてる?」
◎好かれるひと言 「元気だった?」

「元気だった?」 「元気よ。○○さんも元気そうね!」という挨拶は気持ちいいですよね。 ところが、家族でもない人から会った瞬間に、「あれ、疲れてる?」「なんか疲れてない?」 などと言われると、なんとなくイヤな気分になるものです。なぜならそういう言葉は、「今日のあなたはやつれているよ」とか「顔色が悪くてしんどそうだよ」と言われているのと同じだから。気持ちが“マイナス方向”に引っ張られてしまうんですね。

次ページ「マイナス言葉」ではなく「プラス言葉」で
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT