誘いの断り文句に「行けない理由」はいらない

「断り上手」になるための5つのポイント

日本人の多くが大の苦手な「誘いを断ること」。ただ、断り切れずにいやいや参加しても、いいことは1つもありません。できるだけスムーズに断るための5つのポイントとは?(写真:xiangtao / PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

「断る」ことはなぜ疲れるのか

あなたは、お誘いを断ることが得意ですか? しかるべき理由があって断る場合でも、断るという行為自体がエネルギーを消耗します。

なぜなら、断ること=「拒絶」というイメージがあるからです。「せっかく誘ってくれたのに悪いな」「相手の期待に応えなければ」という思いが強いと、より顕著に表れてきます。

特に、「和」の意識によって協調性を重んじる私たち日本人は、相手に気を使いすぎる傾向もあり、「断り下手」の傾向が強いように思います。

この連載の記事一覧はこちら

実際、私のもとを訪れる相談者からは、嫌な仕事を断り切れず、引き受けてしまって気が重い、というお悩みが多く寄せられます。また、お誘いをどうやって断ればいいのか模索して、多くの時間を費やしてしまったという声を聞くことも珍しくありません。こうして、断ることが大きなストレスの原因になることもあります。

そこで今回は、できるだけスムーズに「断る」ための、5つのポイントをお伝えします。

次ページ断る=拒絶ではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。