「料理は女の仕事」と勘違いする男が超厄介な訳

定年退職した後も妻に料理を任せる気?

料理ができる男性と、料理は女の仕事と考える男性。どちらが幸せか? (写真:USSIE/PIXTA)
かつて日本で「料理は女性がやるもの」という価値観が強かった。ところが、最近は男性がキッチンに立つことも増えてきている。先日、『意識の低い自炊のすすめ』を上梓した中川淳一郎氏もそんな料理男子の1人。同氏が語る「男性が料理を担当する」メリット、料理を女性に押し付けることのデメリットとは?

おふくろの味としてよく挙がる「肉じゃが」。しかし、男が「あなたは肉じゃがが大好きですか?」と聞かれた場合、大多数はそうではないだろう。「嫌いじゃないけど別に“大好き”ってほどではない。ジャガイモが入った料理ではカレーは大好き」という答えになる。

なぜ肉じゃがは「おふくろの味」なのか?

しかし、何らかの流れで「あなたにとっておふくろの味は?」と聞かれた場合に「えーと、えーと、あれあれ、なんだったっけ、オレ、母ちゃんに作ってもらったのなんだったっけか? 本当にうちの母ちゃん、毎日昼メシは購買部でパンを買えなんて言って毎日200円くれるだけだったし、夜はレトルトカレーばっかだったよな。えーい、よくわからんが、『肉じゃが』ってことにしておくか!」ということで挙げられるのである。

この刷り込みはかなり強固であり、大衆居酒屋に行くと男も女も肉じゃがをけっこうな割合で頼む。ジャガイモを酒のツマミにしたいのであれば、ポテトフライやじゃがバターのイカの塩辛 or 酒盗(カツオの内臓の塩辛)乗せといったものが合う。

あるいは、「ジャーマンポテト」と呼ばれる、ゆでたジャガイモを輪切りなどに細かく切り、ベーコンとタマネギとともに塩こしょうで炒めたものにタバスコをかければ完全に「ビールの友」となる。

はたして本当に世界的に「ジャーマンポテト」という食べ物があるのかと、German potatoでグーグル検索してみた。「フレンチトースト」なんてもんが日本にはあるが、「本場フランスにはそんなもんない!(キリッ)」みたいな話があるので、これって日本独自の創作料理なのかな、と思ったらわれわれがイメージするGerman potatoはたくさん出てきた。

しかし、実際はGerman potato saladで、サラダの扱いになっていた。これは驚いた。それにしても「トルコライス」とか「イタリアン」とか「ナポリタン」とか本場の人からすれば「そんなもんはわが国にない!」と言いたくなるようなものをよくぞこうも開発できるものだ。

しかしそれはそれで構わない。何しろ海外にも怪しげな日本料理というものは多数存在するのだから。1980年代にアボカドにしょうゆをつけたらトロの味がする、とカリフォルニアの寿司店でカリフォルニアロールが誕生したが、今では日本でもアボカドは巻き寿司では人気の種となっている。外国で別の形で進化した日本食の逆輸入万歳である。

それはさておき、居酒屋で肉じゃがをオーダーするときは「おふくろの味って感じ?」という言葉がセットになる。そこで「家でお母さん、本当に肉じゃがをよく作ってくれていましたか?」と聞くと彼らは若干狼狽しながら「えっ、えっ……。そういえば、肉じゃがってむしろこうして居酒屋で食うものだよね。母は袋入りラーメンばっか作ってくれたような気がする……」なんてことを言う。まぁ、無粋な質問だ。

次ページマザコン男ほど厄介な存在はない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT