「女性に体当たりする暴走中年」増えた根本原因

彼らはストレス社会が生み出した「被害者」か

女性に体当たりする暴走中年が日本に増えた理由とは?(写真:filipefrazao/iStock)
日本中の女性が被害に悩む「体当たり男」。加害者の多くは、40代半ば以上の中年男性が多いという。フラストレーションを自身よりも力の弱い相手にぶつける暴走中年が増えた理由とは? フリージャーナリスト・吉川ばんび氏による新書『年収100万円で生きるー格差都市・東京の肉声ー』より一部抜粋・再構成してお届けする。

2018年、インターネットで大きな注目を集めた「新宿駅タックル男」。

多くの人が行き交う新宿駅の構内で女性だけを狙って次々と体当たりしていく男性の姿を捉えた動画がSNSなどで拡散され、同じような被害にあったことがある女性たちから怒りの声が日本中で上がった。

この文章を書いている私もまた、男性から思い切りぶつかってこられた経験は数え切れないほどある。歩きスマホをしているわけでもないし、突然立ち止まったり人の流れに逆らって歩いたりしているわけでもない。しっかり前を見て歩いている状態のときでも、彼らは肩を突き出すようにして「意図的」に体当たりをしてくる。

ときどき数メートル先から、こちらを睨むようにして突進してくる男性の姿に気がつくことがある。こういった場合、体当たりされる危険を察知して男性の動線を避けても、なぜかわざわざ歩み寄ってきて肩をぶつけて、舌打ちをしながら立ち去っていくこともある。

「体当たり男」はなぜ女性ばかり狙うのか

私はこのとき「ああ、通り魔だな」と思った。彼らは行く道を邪魔されたから怒っているのではなく、自分の中にある「怒り」やフラストレーションを鎮めるために、あるいは自身の力を誇示するために、「誰でもいいから」と赤の他人に暴力を振るっているのだ。

しかし、こうした話を知人の男性にしてもほとんどが半信半疑といった様子で、理解を得られない。無理もない、体当たりをしてくる彼らは「力で負ける可能性のある」男性には決して害を加えないようにしているためだ。稀に被害にあったことある男性もいるが、決まって小柄で、おとなしそうに見える外見の持ち主である。

次ページ体当たり男が「狙わない女性」とは?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。