「女を武器にしている」29歳を悩ます上司の言葉

女性社員をホステス代わりにする日本の歪み

接骨院の院長をしている松田香さん(仮名・29歳)。会社から「女だから」という理由で正当に評価されず、上司・患者からのセクハラを受けることもあったという(筆者撮影)
うつ病やリストラ、孤独死など中年を悩ます問題はメディアで毎週のように取り上げられる。しかし、苦しいのは中年だけじゃない。10代、20代の最たる死因が自殺である事実が示すように、「生きづらさ」を抱えているのは若い世代も同じだ。本連載ではライターの吉川ばんびが、現代の若者を悩ます「生きづらさの正体」について迫る。

都内某所、待ち合わせた喫茶店にやってきたのは「快活」という言葉がよく似合う、笑顔が明るい女性だった。松田香(仮名)さんは29歳で、大学で保険医療を学んだのちに柔道整復師の国家資格を取得、現在は接骨院の院長をしている。

「新卒で今の会社に就職し、研修後に会社が経営している接骨院に配属されました。院長を任されたのが、2年前のことです」

経歴を聞くかぎり、松田さんの仕事はうまくいっていて、会社でも評価されているように思える。しかし、実際はそうでもないようだ。

「女」というだけで評価されない職場

毎朝7時半に自宅を出て、帰りは早くても21時過ぎ、日付が変わって帰宅することもよくある。「みなし残業」制度のため、どれだけ残業をしても月給は増えない。残業代が実働に見合う金額ではないのは明らかだが、松田さんにとって1番の不満はそこではないという。

「どれだけ仕事の成果を出しても、上からは個人の実力ではなく『女を武器にした』としつこく言われ、正当な評価を受けることができません」

松田さんが勤める会社の上司や役員は、ほとんどが男性だ。営業で新規取引先を獲得するたび、自分が出席していない役員会議で「女を使っている」とやり玉に挙げられる。そしてそれを毎回丁寧に、わざわざ松田さんに報告してくる上司がいる。

「その上司はどうして松田さんに報告を?」と聞くと、松田さんは「私のことをよく思っていないのだと思います」と答えた。彼は、松田さんが院長を務める病院を管轄していて、直属の上司にあたるという。イライラしてよく八つ当たりしてくる彼は、松田さんにとって長年、悩みの種のひとつだった。

松田さんが院長になってから、たまたまスタッフの異動があった影響で、業績が一時的に悪くなったことがあった。役員会議で業績悪化について指摘されるのを恐れた上司は、松田さんに対して「お前のせいで俺が怒られる」「スタッフの管理をちゃんとしろ」「もう顔も見たくない」と、激しく詰め寄った。反論は許されず、威圧的な態度を前にするとひたすら謝ることしかできなかったといい、松田さんは次第に自責の念を募らせていった。

「叱責される際に、具体的なアドバイスや指導を受けたことはあるか」と聞いてみると、松田さんは首を横に振った。上司は、問題解決のために必要な職務を放棄しただけでなく、すべての責任を部下に押し付け、ストレスを感情のままにぶつけただけだったのだ。

次ページ「攻撃されるくらいなら、男性に生まれたかった」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。