「女を武器にしている」29歳を悩ます上司の言葉

女性社員をホステス代わりにする日本の歪み

さらに、上司や役員たちから「女を武器にしている」と嘲笑されることについて、松田さんはこう語る。「まじめに営業して成果を出しているのに、根も葉もないことを、それも上司たちからでっち上げられて、驚きました。そもそも、会社側は私に『若い女の子要員で』と営業に行かせたにもかかわらず、契約を取ったら取ったで『女を使っている』と非難されるのは意味がわかりません」。

取引先が男性の場合、相手を懐柔することを目的に女性社員に営業をさせるのは、昔からよく行われている悪習のひとつだ。ビジネスにおいては「有効な手段」なのかもしれないが、女性側に大きな負担がかかったり、トラブルに発展するリスクもあるため、ある程度「まともな」感覚を有した会社では今、色恋営業や「女性性を利用している」と見られかねない営業手段はまず取らないだろう。

しかしながら、この会社は松田さんが「女であること」を最大限に利用しようとした。そればかりか、「女が」「仕事で」成果を残せるのは、実力や努力ゆえではなく「女だから」だと揶揄し、1人の社員を、人間を侮辱したわけだ。とても許されることではないと思う。

「女を使っている」と言われるたび、松田さんは「そんなふうに攻撃されるくらいなら、男性に生まれたかった」と思うことが何度もあったという。

上司や患者からのセクハラも我慢

松田さんが「女であること」を煩わしく思ったのは、これだけではなかった。

先ほどの上司とはまた別の男性上司たちから、セクハラを受けることもあった。業務上、1日中上司と2人で作業をしていたとき、なぜか下の名前を呼び捨てにされるようになった。密室で頭を撫でてきたり、体を触られたりもした。嫌がってもやめてくれないので後日上に報告をしたが、会社の対応は軽い口頭注意のみだったという。

松田さんは続けて、こう話した。

「でも、相手がスタッフならまだマシです。患者さんだともっと大変なので」

松田さんを含め、女性スタッフが患者から体を触られることは少なくない。個室で施術する際、男性の患者に腕をつかまれて、無理やり体を触らさられたこともある。ほかにも、往診で訪れた男性宅で、突然抱きつかれて頬にキスをされたこともあった。

「気持ち悪い」と思っても、院長である手前、激しく拒絶することはできない。スタッフを守る立場であるため、もめ事にならないよう相手の怒りを買わずにうまくかわすようにしている。

次ページ松田さんが「身の危険」を感じた事件
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT