世界規模で広がる「KUMON」の底力

言葉の壁で孤立する日本に鳴らす警鐘

また、世界とのつながりが乏しいことに加え、日本の教育環境には独特の難しさがあります。今の若い世代になると大学卒以上の親も増えているため、「先生」という存在が、昔のような尊敬される立場では必ずしもなくなってきています。

しかし、東南アジアの先生は、一般の人よりも高学歴の人がまだまだ多い。インドでは世界でもトップレベルのインド工科大学を卒業したような人がKUMONの先生に応募してきてくれます。このような優秀な先生が増えてきており、子どもたちの意欲を引き出し、成果を出してくれて、ここ1~2年で教室数も拡大しています。

先生と母親の間の交流も非常に盛んだという

――世界とのつながりに対する危機感が、日本の若者には薄いように感じられます。

日本の若者が冷めているのは、今は世界とつながらなくても暮らしていけるからです。しかしこのまま放っておくと、日本はもっともっと貧しくなっていくように思えます。日本は優秀な子どもが多い一方で、途中で英語を嫌いになったりしてしまう。そこを変えていかなくてはいけないと思います。東南アジアの子どもたちは、「これから上がっていこう、伸びていこう、成長しよう」と本当に思っていますし、実際に伸びていっている実感も持っています。

フィリピンのある地域には、ゴミ集積所の地域の中にKUMONの教室があります。そこに通っている子どもたちのやる気がすごいのです。「そこから抜け出そう」と夢見ているのです。KUMONは鉛筆と消しゴムさえあればできますから、みんなそこで勉強しているのですが、自分の現在の学年よりも5学年先、6学年先の教材に取り組んでいます。そして、勉強ができなかった子どもがなんとかできるようになったり、中には本当にすごい子が出てきたりしています。そんな子どもたちの姿を見ていると、私たち社員も「自分たちがやっていることは間違ってない」と確信が持てるのです。仕事の現場で、自分たちの仕事に対する確信が深まるのは、KUMONの強みだと思います。

●シンガポールで教室を運営する先生への取材
教室を運営する先生とKUMONを修了したアシスタント
 アジアでは、試験などアカデミックな結果が子どもの将来にとって重要だと強く考えられているそうだ。そのため非常に熱心な親が多く、KUMONの先生にとっての重要な仕事に「保護者とのコミュニケーション」が挙がるほどだという。電話や対面で、子どもの学習態度などについて頻繁に相談を受けるそうだ。
 KUMONの先生として喜びを感じるのは「子どもがジャンプする瞬間。これからも子どもたちの成長を助け、ひとりでも多くの子どもたちに公文式を広げたい」と、とても意欲的だった。公文式の理念がアジアの現場にまで浸透していると感じた。
次ページ教育ビジネスは簡単に撤退すべきでない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。