日本にはなぜ"マルチアスリート"がいない?

中学最速スプリンターが野球を選んだ理由

なぜ日本には、複数の競技をするアスリートがいないのか?(写真は昨年の全日中で中学最速スプリンターになったが、高校では野球の道を選んだ五十幡亮汰。写真:北村大樹/アフロスポーツ

春は「出会い」の季節であり、同時に「別れ」のシーズンだ。それは人間関係だけではなく、スポーツも同じ。毎日のように汗を流した“あの場所”と決別する日がやってくる。この春、15歳の有能なアスリートがひとつの選択を迫られた。昨年の全日本中学陸上競技選手権大会(以下、全日中)で100mと200mを制した五十幡亮汰だ。

陸上界で注目を集めた“中学最速スプリンター”は、別のスポーツを選ぶ。それは野球だった。五十幡は地元埼玉を離れて、春のセンバツ甲子園で、初のベスト4に進出した佐野日大(栃木)に進学した。

五十幡は東京神宮シニアに所属していた野球少年で、シニアリーグの選手にはよくあるパターンで、中学時代を過ごしてきた。通っていた中学にも野球部はあるが、軟式ということもあり、学校での部活では陸上部を選択。平日は学校の陸上部でトレーニングをして、土日にシニアの練習で野球センスを磨いてきた。

これだけではどこの中学校にもいる野球少年にすぎないが、昨年の夏休み、五十幡は“マルチアスリート”の能力を発揮した。野球では8月2~6日の日本選手権で準優勝。8月10~14日のジャイアンツカップ(全国大会)でも3位に入り、チームの「1番・センター」として大活躍した。陸上では、8月20~22日に行われた全日中で100mと200mを制して、スプリント2冠を達成したのだ。

筆者が五十幡を取材したのは全日中のとき。野球少年という情報を得ていたために、カラダの出来上がった選手かなと勝手に想像していたが、まったく違っていた。中長距離選手のようにスリムな体型で、スタートからの加速がすばらしかった。そして、実際に話を聞いてみると、五十幡が速く走る“技術”を知っていること、その“修正能力”に驚かされた。

次ページ五十幡の“脚”は野球界でも最速!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。