日本にはなぜ"マルチアスリート"がいない?

中学最速スプリンターが野球を選んだ理由

なぜ日本には、複数の競技をするアスリートがいないのか?(写真は昨年の全日中で中学最速スプリンターになったが、高校では野球の道を選んだ五十幡亮汰。写真:北村大樹/アフロスポーツ

春は「出会い」の季節であり、同時に「別れ」のシーズンだ。それは人間関係だけではなく、スポーツも同じ。毎日のように汗を流した“あの場所”と決別する日がやってくる。この春、15歳の有能なアスリートがひとつの選択を迫られた。昨年の全日本中学陸上競技選手権大会(以下、全日中)で100mと200mを制した五十幡亮汰だ。

陸上界で注目を集めた“中学最速スプリンター”は、別のスポーツを選ぶ。それは野球だった。五十幡は地元埼玉を離れて、春のセンバツ甲子園で、初のベスト4に進出した佐野日大(栃木)に進学した。

五十幡は東京神宮シニアに所属していた野球少年で、シニアリーグの選手にはよくあるパターンで、中学時代を過ごしてきた。通っていた中学にも野球部はあるが、軟式ということもあり、学校での部活では陸上部を選択。平日は学校の陸上部でトレーニングをして、土日にシニアの練習で野球センスを磨いてきた。

これだけではどこの中学校にもいる野球少年にすぎないが、昨年の夏休み、五十幡は“マルチアスリート”の能力を発揮した。野球では8月2~6日の日本選手権で準優勝。8月10~14日のジャイアンツカップ(全国大会)でも3位に入り、チームの「1番・センター」として大活躍した。陸上では、8月20~22日に行われた全日中で100mと200mを制して、スプリント2冠を達成したのだ。

筆者が五十幡を取材したのは全日中のとき。野球少年という情報を得ていたために、カラダの出来上がった選手かなと勝手に想像していたが、まったく違っていた。中長距離選手のようにスリムな体型で、スタートからの加速がすばらしかった。そして、実際に話を聞いてみると、五十幡が速く走る“技術”を知っていること、その“修正能力”に驚かされた。

次ページ五十幡の“脚”は野球界でも最速!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT