皇居ランナーの大半は、年収700万円超?

デキるビジネスパーソンが「走る」理由

皇居ランナーの多くは、年収700万円超。デキるビジネスパーソンは、なぜ走るのか?(写真:アフロ)

今年2月の東京マラソン。エントリー人数は30万3450人、抽選倍率が約10.3倍と過去最高を記録した。いつの間に日本人はこんなにも走るようになったのか。もはや日本はランニング大国――そういってもおかしくないほどの盛り上がりだ。

日本で最もメジャーなRUNスポット、皇居周回コースでは、夜な夜な“ランナー渋滞”が起きている。千代田区によると、平日18~21時の3時間で、実に約4000人ものランナーが皇居の周回コースを走っているという。

この“皇居ランナー”について、面白い調査がある。ランニング専門誌『ランナーズ』が独自に行った調査で、「皇居を走る男性ランナーの半数以上が年収700万円以上」という結果が出ているのだ。

“デキる”ビジネスパーソンが走るのは、なぜか? これまで筆者は、五輪のメダリスト、日本のトップ選手、モデル、芸人、経営者、それからビジネスマンまで、数百人のランナーを取材してきた。その経験から、このコラムではその謎について考えてみたいと思う。

文化系の人ほど、ハマりやすい?

これまで多くのランナーに走り始めたキッカケを尋ねてきたが、直接の理由として最も多く挙げられるのが「ダイエット」だ。見た目を気にすることができる人は、ビジネスパーソンとしても優秀な要素のひとつであることは間違いないだろう。それに仕事などで多忙な中、ランニングを継続するのは、工夫や努力なくしてはできないことだ。

また、ダイエットの方法としてウォーキングではなく、ランニングを選んだ人は「効率」を求める人が多いともいえる。ペースの速度などによって変わってくるが、例えば60分間の運動でいえば、ランニングはウォーキングの約4倍も効率よくエネルギーを消費することができるからだ。

多くのランナーを取材してきて、気づいたことがある。意外なことに、学生時代は文化系だった人のほうが、RUNにハマりやすい傾向があるのだ。

ランニングを開始した当初は、1km走っただけで苦しかったのが、徐々に走れる距離が延びると楽しくなってくる。レースに出るようになれば、今度はタイムを短縮することが、喜びに変わっていく。その「スタートライン」が低いほど、伸び率は高くなるからだろう。

次ページあのカリスマ経営者も走っている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。