皇居ランナーの大半は、年収700万円超?

デキるビジネスパーソンが「走る」理由

ランニングは特別なスキルがいらないこともあり、結果が出やすいスポーツ。走ることで、スリムなボディに近づき、体力(持久力)もついてくる。仕事面でのスタミナがアップし、精神的にもタフになる。簡単に自分を変えることができるのがランニングだ。そのことを皇居ランナーたちは感覚的に知っているのかもしれない。

59歳でデビューした、カリスマ経営者

そもそも、ビジネスシーンにおいてデキる男とは何だろうか。引き締まったカラダに、精悍な顔つき。なんだかんだいって、ビジュアルは重要だ。どんなに有能で頭キレキレでも、メタボなお腹にダボダボスーツではちょっとカッコ悪い。

メディアの前にもしばしば登場する日本マクドナルドCEOの原田泳幸氏も、ビシッとスーツを着こなしているカッコいいオヤジのひとり。その凛とした姿は見るからにデキる印象だ。ご存じの方も少なくないが、原田氏の研ぎ澄まされたカラダと、好奇心旺盛なココロは日々のランニングが支えている。

雑誌のインタビューでも、「走っているとストレスもなくなるし、少々のことなら乗り越えられるようになる。体力だけでなく、精神力も鍛えられます。ビジネスマンは、みんな走ったほうがいいんじゃないかな」(『GQ JAPAN』)と熱く語っているほどだ。

ゴルフで体力不足を痛感した原田氏がランニングを始めたのは59歳のとき。遅めの“RUNデビュー”だった。当初は2km走るのもつらかったというが、「努力が確実に結果につながるのがランニングのいいところ」と原田氏は徐々に走る距離を伸ばしていった。そして、今年2月の東京マラソンでは、64歳にして4時間12分の好タイムで悠々と完走している。

RUNに目覚めた原田氏は、「商品を食べた瞬間のお客様の目を見るため」に、毎朝約10kmのランニングの途中で、自社の店舗に立ち寄り、現場の最前線をチェックしている。小回りが利くところも、ランニングのいいところなのかもしれない。

経営者でいえば、「白木屋」「魚民」「笑笑」など国内外に1978店舗(2013年3月末現在)を展開するモンテローザの創業者、大神輝博社長もランナーとして知られている。

大神氏は毎晩のように7店舗ほどを視察するが、夜型の生活を送っているわけではない。むしろその反対だ。朝5時に起床して、自宅近くを10kmほど走るという。ランニングで気持ちを整えてから、朝7時には本社の社長室に到着する。フルマラソンのベストは3時間40分だ。

次ページRUNで養える、マネジメント力
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。