私立と公立「教育格差」、長期休校が映した現実

浮き彫りになったICT教育の遅れを挽回せよ

日本はというと、「各自治体や学校ごとにバラバラの対応をとって」おり、「何とか安全に学校施設に通学させることに主眼を置いている割合も高い」と書かれている。

全国の導入状況を地図に可視化する取り組みをしていて、それが実際にまだら模様である現実と肌感覚で合う。

さらに、オンライン授業が始まったという学校に、教員研修のために呼ばれて行ってみると、パソコンの操作もままならない年配の先生方も多く、オンライン授業以前の状態であった。ハードの手当てのみならず、教員のソフトスキルは早急にサポートの必要がある。

私はこのように世界との乖離状態が継続すれば、今の日本の小・中学生が今後、社会の担い手となった頃の産業の展開、国力の動向にも大きく影響するであろうと感じている。

せっかくの機運を盛り下げないために

3月の休校開始以来、多くの民間教育団体が無償で授業を提供してきた。プログラミングや探究など新たな取り組みも目立つ。またオンラインは、一方的な配信では特に低学年の子どもたちには飽き足らず、双方向なやりとりを前提とするアクティブラーニングの大切さを改めて認識させてくれた。

これらの取り組みをコロナ後の公教育に生かさない手はない。ここで教育革新が得られれば、過疎地域、不登校、学級閉鎖時の対応にも活用できる。緊急事態宣言が解除され、「どう登校させるか」に議論が移り、せっかく盛り上がってきたオンラインの取り組みへの機運が鈍るのはもったいない。コロナ期の一時的な課題対応として終わらせてはならない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT