私立と公立「教育格差」、長期休校が映した現実 浮き彫りになったICT教育の遅れを挽回せよ

印刷
A
A

ただ、保護者が主体になっての実施では、そこから漏れてしまう児童生徒の捕捉に限界がある。また、こうした活動を個人の努力にだけ依拠し続けているのは、新たな分断を招きかねない、とも感じた。

“皆”で、つまり“クラス全員”でつながるためには、やはり学校が主体となり取り組むのが良い。そしてそのためには自治体・教育委員会からトップダウンで学校に指示が下りてくると、動きが速いのだ。

オンライン教育が進みつつある自治体もある。

例えば広島県の平川理恵教育長は「PC・スマホなど端末も持っていないからやらない、というのはダメです! 三種の神器『アカウント・端末・通信環境』さえそろえばできるのだから、進めましょう」と指揮を執る。

熊本市でも、震災を教訓に、全ての小・中学校(134校)で、端末のない家庭にはiPadを配る形でオンライン授業を始めている。

オンライン教育に意欲的な先生(たとえ理想の実現はかなわずとも)、自分たちにできることに奔走する保護者、実際にやりはじめた自治体……。公立の学校にもこうした動きは出ている。

日本は教員のICT教授スキルは77カ国中最下位

私には危機感がある。下記はコロナ禍に際してのOECDの緊急調査だが、日本の教育におけるICT機器の普及率は調査対象77カ国中、66位、教員のICT教授スキルに至っては77カ国中、最下位という結果である。

さらに世界銀行が、各国のオンライン学習の導入について集計途中のレポートを発信しているのを読むと、世界との差に愕然とする。(『The World Bank How countries are using edtech (including online learning, radio, television, texting) to support access to remote learning during the COVID-19 pandemic』)

このレポートには、いかに各国が子どもたちの学びを継続するために、国をあげてハードや通信手段の確保、電子教材の整備を行っているかが分かる。中国の小中学生約2億人は2月9日からオンライン授業を受けている。予算の限定されている途上国では、従来から導入してきた遠隔地教育が奏功している例もある。ジャマイカ、メキシコ、韓国などが教員の研修にも注力している様子も顕著である。

次ページ日本はというと?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT