部下からの「人望が厚い上司」が持つ3つの特徴

ピンチの時に部下は上司の対応力を見ている

側面の「情」と背面の「恐怖」を持ち合わせるリーダーは、実はまれです。この2つの面を持つなら、人望のあるリーダーになるまであともう1歩です。

人望のあるリーダーの特徴

3つの面を持ち合わせたリーダーは、ロジカルで、情に厚く、かつ怖さもある。「この人の期待に応えたい」「この人のために働きたい」そう思わせるリーダーは、この3つを兼ね備えたリーダーです。

皆さんの周りの人望の厚い人を思い浮かべると、まさに3つの面をすべて持っている人物ではないでしょうか。

少なくとも私が見てきた人望厚きリーダーたちは、3つの面すべてを合わせ持っていました。

優れたリーダーというのは、どこか怖さを感じる。

ですが、それを上回る愛情があるので、とてつもない魅力を周囲に感じさせるのだと思います。

さあ、皆さんは、この3つの面でみたら、どの面が強く、どの面が弱いですか? 弱い面が見つかったら、そこを強化すればいいのです。

正面の「理」を強化するには、「言語化」と「理由づけ」が重要です。この面が弱い人は、「感覚」や「感性」で仕事をしてしまっており、自分の考えを言葉にしたり、表現したりすることが苦手です。なぜこの仕事をするのか、この仕事をするとどんな価値があるのか、自分が考えていることを言語化し、仕事の理由づけする習慣をつける必要があります。

具体的には、「文章を書く」ことを推奨します。感覚で話す人は、その場の勢いや感情で話を進めてしまうため、言語化がおろそかになってしまいます。日々の日報や業務報告書など、文章を書くときに、これは正面の理を磨くための文章作成なのだと認識して取り組むと、強化されていくでしょう。

側面の「情」を強化するには、「関心を示す」「声掛け」が有効です。この面が弱い人は、あまり声掛けをしていません。「仕事の進捗は大丈夫? 何か問題ないかな?」「よく頑張っているね」そういった自分の心境や相手への関心を言葉にしていないので、非情な人と見られてしまうのです。

具体的には「声掛け」からスタートすることをおすすめします(「関心を示す」はアクションにしにくいので)。部下が今どんな気持ちなのか聞いたり、自分が相手に期待していることを言葉にしたり、関心を持っていたらするだろう言葉を口にすると、部下が生き生きとうれしそうに仕事をし出すので、驚くと思います。

次ページ背面の「恐怖」を高めるには
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT