専門家の予測をうのみにする人が知らない真実

専門分野や経験、学位は予測能力に関係ない

高精度の予測は「幅(レンジ)」から生まれる(写真:Graphs/PIXTA)
現代はますます複雑さを増している。それを反映するように、ビジネスでも、研究開発でも、スポーツでも、分野を狭い範囲に絞って深掘りする「超専門化」がもてはやされている。
こうした風潮に警鐘を鳴らすのが『RANGE(レンジ)知識の「幅」が最強の武器になる』の著者、デイビット・エスプタイン氏。「幼児からの超英才教育『意外な落とし穴』の正体」(2020年4月7日配信)、「職場がどうも合わないなら辞めても問題ない訳」(同4月14日配信)に続いて本書を一部抜粋のうえ、再編集してお届けする。

「あり得ない」と断言した予測が15%の確率で起きた

識者の中には、世界の動きについて、たとえ反証があっても1つの見方にとらわれる人たちがいる。自分の見方に合った情報ばかりを収集するので、予測は改善どころかどんどん悪化する。そうした人たちが毎日のようにテレビやニュースに登場し、ひどくなる一方の予測を発表して、自分が正しかったと主張する。そんな識者たちを綿密に観察し続けた人物がいた。

始まりは1984年、米国学術研究会議の米ソ関係に関する委員会だった。心理学者で政治学者のフィリップ・テトロックは当時30歳で、委員会では飛び抜けて若いメンバーだった。他のメンバーがソ連の意図やアメリカの政策について議論するのを集中して聞いていた。

有名な専門家たちが自信を持ってきっぱりと予測していたが、テトロックにとって衝撃的だったのは、それぞれの意見がまったく異なっていて、反論があっても誰も自分の意見を変えないことだった。テトロックは専門家たちの意見をテストしてみることにした。

東西冷戦が続く中、284人の専門家による短期と長期の予測を集めた。彼らは高い教育を受け(大半が博士号を持つ)、専門分野に関して平均で12年以上の経験があった。予測は国際政治と経済に関するもので、確実な予測であることを示すために、専門家たちにそれが実現する確率も算出してもらった。運や不運による当たり外れと真のスキルとを区別するために、テトロックは多数の予測を、長期間にわたって集める必要があった。

プロジェクトは20年間続き、8万2361件の予測が集まった。その結果見えてきたのは、「専門家の予測能力はひどい」ということだった。

専門分野であることや、経験年数、学位、そして(一部の人は)極秘情報にアクセスできることすら、予測の能力には何の関係もなかった。短期予測も長期予測も間違っており、どんな領域でも間違っていた。専門家たちが、その出来事が起こることは決してあり得ない、あるいはほぼあり得ないと断言したことが、15パーセントの確率で起きていた。専門家たちが、間違いなく起こると言ったことは、4回に1回以上は起こらなかった。

次ページ専門家は間違えても自分の判断の欠陥を認めない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。