ダイバーシティ実現のカギは成果評価の客観性向上--ダイバーシティ推進で大きく変わる日本型人事制度 第3回(全3回)

ダイバーシティ実現のカギは成果評価の客観性向上--ダイバーシティ推進で大きく変わる日本型人事制度 第3回(全3回)

青山学院大学 大学院国際マネジメント研究科
教授 須田敏子

 最終の今回は、人材評価軸の変化の困難さを具体例として挙げ、本連載のテーマとして設定した「なぜ日本でダイバーシティが進まないか」を考えてみることとする。

パフォーマンス評価を行うにはプロの力が必要
 1990年代以降、人事分野では「成果主義人事」が注目を集めてきた。「今後、人材評価はパフォーマンス評価へと変えていかなければならない」という議論もすでに使い古された感が否めない。だが、実際にこのパフォーマンス評価を軌道に乗せている企業はまだ少数にすぎない。

 人材評価に必要なのは客観的な評価である。100%客観的な評価とは、誰が評価しても同じ結果になるものだ。たとえば年齢や勤続年数などによる評価はこれに当たる。一方、最近のホワイトカラーの多くの仕事はパフォーマンス評価に評価者の主観的な判断が入りやすい。下図に示した評価の客観性・主観性の関係のように100%客観的な評価は簡単なことではない。

図:評価の客観性・主観性の軸
 フィギュアスケートの採点を例に考えてみよう。以前は技術点・芸術点をそれぞれ6.0点満点で採点していたが、現在は、トリプルアクセルは基本点として何点、着地に失敗したら何点減点といった形で具体性・透明性を上げる改定が行われている。だが、採点方法のいかんを問わず、フィギュアスケートの採点には審判の判断が入り、微妙な判断を行うためにはまさにプロの目が必要となる。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。