住宅ローン「滞納後」にたどる恐ろしい道のり

「うっかり」でも滞納がダメなこれだけの理由

「代位弁済通知書」という書類が手元に届いた段階で、保証会社はすでに一括で金融機関に支払い完了しています。つまり、保証会社の利用によって金融機関は残債を無事に回収できるので、債務者はいったん救われるように見えるかもしれませんが、それは誤解です。金融機関に残債を一括返済した保証会社は、銀行に代わって求債権を取得し、期限の利益を失った債務者に残債を一括請求してくるからです。

もちろん、一括返済できないのは目に見えている中、サービサーと呼ばれる債権管理回収業者に求償権が回っていくなど精神的にも追い詰められていきます。最終的に、担保となっている家を売却して、そのお金でローンを返済するしかないため、競売もしくは任意売却する方向にどんどん進んでいきます。

担保となっている自宅はほどなく差し押さえに。差し押さえとは、貸したお金を返してもらうという債権者の権利を守るために、債務者の意志のみで自宅を売却できないようにするための処置のことです。差し押さえとなった旨は登記簿謄本に明記され、債権者の協力なしに競売を回避することはできなくなります。

最終的に、競売や任意売却(債権者の了解の下で担保の自宅を売却)しても払いきれず残った借金については一括での返済を求められ、払えなくて自己破産・個人再生……といった流れになります。

「住宅ローン」は大きな借金

住宅ローン破綻を回避する基本は、滞納を甘く見ないこと、もしものときの貯蓄を生活費とは別枠で備えておくこと、困りそうになったらとにかく早く借入先に相談すること、に尽きます。

先行き不透明な時代ですから、過度に大きな借り入れにならないような購入計画にして、なるべく早く繰り上げ返済していくのが、住宅購入の基本です。住宅ローン返済中は、滞納が続けば、あっという間に「家」も「穏やかな生活」も「家族」も失う可能性をつねに念頭に置いていただけたらと思います。次回は、離婚後の住宅ローン破綻について、取り上げます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT