漫画!「努力できなくても」東大に入る人の特徴

「自分に合った頑張り方」ができる人は強い

「努力できる/できない」を分けるメカニズムを知れば、対応策が見えてくるといいます(漫画:三田紀房/コルク)
「誰にでも伝わる文章がスラスラ書けるうえに、頭もよくなる作文術」を『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』にまとめた西岡壱誠氏。西岡氏は、マンガ『ドラゴン桜2』で紹介する勉強法を考案する「東龍門」のリーダーも務めている。
今回は最新刊『ドラゴン桜2 第7巻』から、「努力できる人とできない人の違い」を紹介する。

「努力できる、できない」は根性とは無関係?

みなさんは、努力できるタイプでしょうか? それとも、努力が続かないタイプでしょうか?

7万部のベストセラー『東大作文』に、【東大作文練習ノート】がついた「特別版」発売中(画像をクリックすると、特設サイトにジャンプします)

僕は受験生時代からサボり癖があって、勉強にぜんぜん集中できなかったり、机に座ってもすぐスマホを弄ってしまったりと、典型的に努力が続かないタイプだったなと感じます。

多くの場合、「努力できないこと」は悪いことだと捉えられがちです。1つのことに集中できなかったり、物事を継続できない人というのは何をやらせてもダメな印象がありますし、そういう人は「根性が足りない!」「もっと頑張らなきゃダメだ!」と怒られがちです。

「努力できるかできないかは気持ちの持ちようであり、努力できなければ何にも結果を出せない」「例えば、東大に合格するような人はみんな努力家である」……そんなふうにお考えの方が多いのではないでしょうか?

しかし実は、この「努力できるかどうか」というのは先天的に決まっている可能性があるということが、最新の脳科学の研究で明らかになっているそうなのです。

しかも、努力できないからといって結果が残せないということではなく、東大生の半数は努力できない脳の持ち主で、だからこそその特性を活かして東大に合格していることがわかったのです。

一体どういうことなのか、「ドラゴン桜2」の最新7巻から抜粋してお話ししたいと思います。まずはこの漫画を読んでみてください。

次ページ漫画!「努力できる、できない」を調べる実験
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。