漫画!「努力できなくても」東大に入る人の特徴

「自分に合った頑張り方」ができる人は強い

もちろん誤解しないでいただきたいのは、そういった学生以外にも、きちんとまじめに1日10時間以上勉強して東大に合格し、東大の授業でもしっかり勉強して単位を難なく取っていく学生だっているということです。努力できる脳を持っていて、多くの努力量で結果を勝ち取る人間もいます。

「努力できる」「できない」人の「頑張り方」の違い

ただ、知っておいていただきたいのは、「努力できる脳の持ち主」と「努力できない脳の持ち主」では明確に勉強法や勉強戦略に違いがあるということです。具体的に言うと、以下のような違いがありました。

【努力できる脳の持ち主】
・時間をできるだけ長くかけるようにする
・勉強や仕事はとりあえずやってみて、効率はその後で考えていく
・スケジュールをしっかり決めて、それに沿って行動する
・勉強や仕事の場所を気分で変えたりせず、同じ場所で努力し続ける
【努力できない脳の持ち主】
・時間をできるだけ短くできるようにする
・勉強や仕事の内容を細かくチェックし、始める前から無駄を省けるようにする
・スケジュールを決めず、気分によって勉強や仕事の内容を変える
・勉強や仕事の場所は気分によって変える
・自習室などの周りが努力している場所に自分を置くことで、モチベーションをあげる

さまざまな違いが見て取れますね。

『ドラゴン桜2 第7巻』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

時間や内容だけでなく、スケジュールの決め方や勉強・仕事の場所も変わってくるわけです。

大切なのは、自分がどちらの脳なのかをしっかり把握することなのではないでしょうか。

自分が努力できる脳の持ち主なのか、努力できない脳の持ち主なのかで努力の仕方を変えてみるのです。どちらにも得意不得意があるわけで、それを把握したうえで努力できる人というのは強いはずです。

もちろん、厳密に分けられるわけではないのかもしれませんが、どちらの要素が強いのかだけでも知っておけば、きっと自分に合った努力ができるようになるはずです。頑張ってみてください!

(漫画:三田紀房/コルク)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT