大学生を食い物にする悪徳「就活商法」

就活塾の勧誘や高額教材の販売でトラブル続出

就活中の学生に「就職に役立つ」とうたって、高額商品や就活塾への入会を強引に迫るトラブルが多発している。就活生の不安な心理に付けこんだ悪徳「就活商法」には注意が必要だ。国民生活センターによると、就活商法の被害相談は就職氷河期だった2009年度の347件をピークに減っていたが、12年度に増加し13年度は14年2月10日現在で100件となっている。平均契約金額は36万円と、就活生にとってはかなり大きな金額だ。

就活生が就活商法の被害に遭うパターン

①会社説明会の会場近くや大学周辺でアンケートに答え連絡先を記入
                     ↓
 ②電話連絡があり、事務所を訪問
                     ↓
 ③個室で威圧的な雰囲気の中で長時間にわたって契約を迫られる
                     ↓
 ④「検討したい」と言うと「今決めなければ内定を取れない」などと言われる
                     ↓
⑤「おカネがない」と言うと借金を迫られて、金融会社を紹介される
                     ↓
⑥心理的に追い詰められた就活生は、勧誘から逃れたい一心で契約してしまう

次ページマルチ商法の片棒を担ぐはめに
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT