就活、激変! これが面接の新・定番質問だ!

企業は、こんな質問をするようになる!

これまで就活ではほとんど見向きもされなかった、大学の成績。この12月に始まった就活から、多くの大企業がエントリー時に成績表の提出を求め、エントリーシートに並ぶ重要資料として活用を始めるという。企業の狙いは何なのか。大学生にはどのような影響が出るのか。今回は、成績表を活用した面接ではどのような質問をされるのか、筆者の考えを具体的に解説していく。
いよいよ始まった就活。新しい質問への準備はできているか。(撮影:今井 康一)

前回は、エントリーシートと大学の成績表(私は学業においての履歴書と呼んでいます)を併用して面接を行うことで、学生の「やらなければならないこと」に対する姿勢がわかることを解説してきました。

成績表を活用することで、学生のモチベーションが高いときの行動だけでなく、仕事においてありがちな「やらなければならない」場面において、どのようなレベルの行動をするのか、どのような感じ方をするのかを確認できるのです。

また、成績表はエントリーシートとは違い、「学生が伝えたくないことも書かれている」「他者からの評価なので、脚色できない」などの特徴があることも、お伝えしてきました。今回は、成績表を活用した面接ではどのような質問をされるのか、私の考えを具体的に解説していきましょう。

成績の良しあしだけから判断することはない

いちばんやってはいけないのは、大学の成績の良しあしだけから学生を評価することです。

次ページなぜ成績だけで判断してはいけないのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT