就活、激変! これが面接の新・定番質問だ!

企業は、こんな質問をするようになる!

これまで就活ではほとんど見向きもされなかった、大学の成績。この12月に始まった就活から、多くの大企業がエントリー時に成績表の提出を求め、エントリーシートに並ぶ重要資料として活用を始めるという。企業の狙いは何なのか。大学生にはどのような影響が出るのか。今回は、成績表を活用した面接ではどのような質問をされるのか、筆者の考えを具体的に解説していく。
いよいよ始まった就活。新しい質問への準備はできているか。(撮影:今井 康一)

前回は、エントリーシートと大学の成績表(私は学業においての履歴書と呼んでいます)を併用して面接を行うことで、学生の「やらなければならないこと」に対する姿勢がわかることを解説してきました。

成績表を活用することで、学生のモチベーションが高いときの行動だけでなく、仕事においてありがちな「やらなければならない」場面において、どのようなレベルの行動をするのか、どのような感じ方をするのかを確認できるのです。

また、成績表はエントリーシートとは違い、「学生が伝えたくないことも書かれている」「他者からの評価なので、脚色できない」などの特徴があることも、お伝えしてきました。今回は、成績表を活用した面接ではどのような質問をされるのか、私の考えを具体的に解説していきましょう。

成績の良しあしだけから判断することはない

いちばんやってはいけないのは、大学の成績の良しあしだけから学生を評価することです。

次ページなぜ成績だけで判断してはいけないのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。