「やる気スイッチ」を簡単に入れる方法がある

「好きなこと」ならいくらでもできるのに…

やらなければいけないのに、「やる気」のスイッチが入らない…。そんなときの対処法を解説します(写真:A_Team/PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

少し秋の気配を感じるようになりました。涼しくなったら取りかかろうと思っていることはありませんでしたか? 私たちの多くが、やらなければならないことや、やりたいと思っていることを先延ばしにしがちです。「今は○○だから」という理由をつけてなんだかんだと手を付けずにいたり、あたかも気にしてないようなふりをして、見ないようにしていることもあります。今日こそはやろうと思っていたことがまったくできなくて、1日の終わりに憂鬱な気持ちになることも少なくありません。どうしたら、「やる気」のスイッチが入って集中して取り掛かれるようになるのでしょうか。

そもそも取り掛かれないわけ

カウンセリングに訪れる多くの方が訴えることがあります。それは、「○○しなければいけないのはわかっているが(考え)、どうにもならない(気持ち)」というものです。要するに頭ではわかっていても気持ちがついていかないという、考えていることと感じていることが不一致の状態にあります。

この連載の記事一覧はこちら

反対に、好きなことならいくらでもできたり、夢中になれます。この違いから、行動には気持ちが大きく影響していることが明らかです。「やりたい」「好き」「楽しい」という感情に行動が引っ張られている状態は、やる気と集中力を持続させられます。要するに気持ちが行動をコントロールしているわけです。ですから、気持ちを変えることができれば取り掛かることなど造作のないことなのですが、そう簡単に気持ちを変えることはできません。

形から入る

ではどうすればよいのでしょうか。まず準備を整えることです。勉強に取り掛かるのに新しい参考書とノートを買う、スポーツを始めるにあたってまず道具からそろえる、などが思い浮かぶのではと思います。形から入るというと、内容が伴わず上辺だけと思われがちですが、スキルが伴っていなくとも、とりあえず楽しい部分を先取りできるというメリットがあります。また、せっかく用意したのだから無駄にしたくないという気持ちによる相乗効果もあります。先行投資は悪いことではありません。取り掛かるための環境を整えることは、やる気のきっかけになります。

もっと身近なことを言えば、資料作成に取り掛かる前に、デスク周りをさっと片付けるというだけでも効果はあります。

次ページ場所を変えて気分転換
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。