「日本プロゴルフ協会」に女性会員誕生の予感

ティーチングプロのテストに女性が挑戦

日本プロゴルフ協会はティーチングプロを男性だけでなく女性もなれるようにしています。写真はイメージ(写真:IYO / PIXTA)

「男性社会」と思われていた日本プロゴルフ協会(PGA)に、女性会員が誕生するかもしれない。8月6、7日に群馬・サンコー72カントリークラブで「ティーチングプロB級実技審査」が行われる。今年、女性7人が初めてこのテストにエントリーしている。

「ティーチングプロ(TCP)」とはPGAが認定するプロゴルファー資格2種類の1つであり、ゴルフ指導技術に優れ、広範にわたるゴルフ知識およびPGA指導要領を取得した者に付与される。ゴルフのインストラクターの資格だ。世間的なプロのイメージは、もう1つのほうのツアープロ、レギュラーツアーに参戦する「トーナメントプレイヤー(TP)」だろう。

PGAの定款には男女の区別はない

女性のティーチングプロというと、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の会員、というのがこれまでは普通だったのだが、どうしてPGAのテストを受けるのだろうか。

倉本昌弘PGA会長は「PGAの定款には、元々男女の区別がなかった。受験したいという人がいれば拒めない」と説明する。

PGAは、現在のレギュラーツアーを主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)と1999年に分かれるまで、男子ツアーを主管していた。ツアープロ、ティーチングプロとも、プロゴルファーとして男性が所属するのがPGA、女性が所属するのがLPGA、というのが、ゴルフ界の常識と言えば常識だった。

PGAが「女性会員の受け入れ」をあらためて確認したのが、今年1月の理事会だった。PGAには約5600人の会員がいるが、すべて男性。しかも、日本中どこもそうであるように、会員が高齢化している。新規会員、若い会員が入ってこられるような環境にしなければじり貧になって行くのは、PGAに限らず、どんな組織、企業でも課題だろう。PGAにとっては「女性への門戸開放」は、1つの方策でもある。

「女性でもPGAの会員になることができる」というのは、これまでも定款上は可能だったが、「暗黙の了解」というか、「暗黙のすみわけ」というか、男性はPGA、女性はLPGA、と、プロゴルファーになりたい人は思っていた。

次ページ「女性でもPGA会員になれます」と説明
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT