長谷川滋利が50歳でプロゴルファー挑戦の理由

元メジャー投手が選んだ第2のスポーツ人生

2017年8月15日、全米アマチュアゴルフ選手権2日目の長谷川滋利(写真:AP/アフロ)

 元メジャー投手、50歳の長谷川滋利がプロゴルファーに挑戦している。

6月11、12日に三重県の白山ヴィレッジGCで行われた日本プロゴルフ協会(PGA)資格認定プロテスト1次テストを受験。32位タイで2次テストに進んだ。

その直前、6月7~9日に日本で行われた「マスターカード・ジャパン選手権」に出場した際に話を聞いた。この大会はアメリカ・シニアの「チャンピオンズツアー」を日本で開催したもの。トム・ワトソンはじめ、往年の名選手たちのほか、シニアになって頭角を現した選手らが出ている。

長谷川は4月の同ツアー、三菱電機クラシック(ジョージア州TPCシュガーローフ)で主催者推薦出場し、シニアでプロデビューしている。初賞金は72位で1272ドル。この時点でアマチュア資格を失った。

まだ勝負をしていたい、どうせなら仕事にしたい

50歳を超えて、プロゴルファーを目指す理由を聞いてみた。

「アマチュアで試合に出たりしているうちに、野球より競技自体は面白いかなと思いました。個人競技だし。試合に出ているうちに、だんだん(プロで)いけるんじゃないかと。まだレベルは低いですが。競争するというのは楽しい。まだ勝負をしていたいんですね。どうせなら仕事にしたかった」

さすがに度胸満点にきわどいコースへのコントロールを武器にした、勝負師らしい理由だ。

プロ野球での実績はだれもが認めるところだ。1990年ドラフト1位でオリックス・ブルーウェーブに入団。翌年12勝9敗で最優秀新人賞を獲得した。1995、1996年のリーグ連覇に貢献し、1997年に大リーグのアナハイム・エンゼルスに金銭トレードで移籍。主にリリーフとして活躍した。

2002年にシアトル・マリナーズに移籍。クローザーとして起用されることも多く、2003年にはオールスターにも出場した。2006年引退まで一線で投げた。日本通算57勝45敗4セーブ、大リーグ通算45勝43敗33セーブを記録した。2016年には現オリックス・バファローズのシニアアドバイザーに就任し、フロントへアドバイスを送るのを仕事としている。

次ページゴルフに真剣に取り組んだ理由は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。