長谷川滋利が50歳でプロゴルファー挑戦の理由

元メジャー投手が選んだ第2のスポーツ人生

2017年8月15日、全米アマチュアゴルフ選手権2日目の長谷川滋利(写真:AP/アフロ)

 元メジャー投手、50歳の長谷川滋利がプロゴルファーに挑戦している。

6月11、12日に三重県の白山ヴィレッジGCで行われた日本プロゴルフ協会(PGA)資格認定プロテスト1次テストを受験。32位タイで2次テストに進んだ。

その直前、6月7~9日に日本で行われた「マスターカード・ジャパン選手権」に出場した際に話を聞いた。この大会はアメリカ・シニアの「チャンピオンズツアー」を日本で開催したもの。トム・ワトソンはじめ、往年の名選手たちのほか、シニアになって頭角を現した選手らが出ている。

長谷川は4月の同ツアー、三菱電機クラシック(ジョージア州TPCシュガーローフ)で主催者推薦出場し、シニアでプロデビューしている。初賞金は72位で1272ドル。この時点でアマチュア資格を失った。

まだ勝負をしていたい、どうせなら仕事にしたい

50歳を超えて、プロゴルファーを目指す理由を聞いてみた。

「アマチュアで試合に出たりしているうちに、野球より競技自体は面白いかなと思いました。個人競技だし。試合に出ているうちに、だんだん(プロで)いけるんじゃないかと。まだレベルは低いですが。競争するというのは楽しい。まだ勝負をしていたいんですね。どうせなら仕事にしたかった」

さすがに度胸満点にきわどいコースへのコントロールを武器にした、勝負師らしい理由だ。

プロ野球での実績はだれもが認めるところだ。1990年ドラフト1位でオリックス・ブルーウェーブに入団。翌年12勝9敗で最優秀新人賞を獲得した。1995、1996年のリーグ連覇に貢献し、1997年に大リーグのアナハイム・エンゼルスに金銭トレードで移籍。主にリリーフとして活躍した。

2002年にシアトル・マリナーズに移籍。クローザーとして起用されることも多く、2003年にはオールスターにも出場した。2006年引退まで一線で投げた。日本通算57勝45敗4セーブ、大リーグ通算45勝43敗33セーブを記録した。2016年には現オリックス・バファローズのシニアアドバイザーに就任し、フロントへアドバイスを送るのを仕事としている。

次ページゴルフに真剣に取り組んだ理由は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT