「ごちクル」は宅配弁当のアマゾンになれるか

宅配弁当eコマースの雄、そのポテンシャルを探る

もうひとつの肝は物流だ。楽天のようなモールに出店している事業者は、商品の発送を自社で担うのが通常の商慣習だ。ごちクルでは複数の軽量物流会社と契約して、ごちクル側が各飲食店に配送車を手配する。この点が従来のモール事業にはなく、非常にユニークである。配送の手間を省くことで、飲食店には弁当を作ることに集中してほしいという。弁当ひとつの出荷に対して、図のようなコスト構造となる(注:原価率は開示されていない)。

50人の弁当コンシェルジェたち

飲食店にメリットのある形で、取り扱い弁当数を着実に増やしていった。その弁当をどのようにして売っていったのか。ごちクルは95%が法人利用。役員の会議や会社のイベントでの発注が多く、発注者である秘書や総務の方による口コミで認知が広がったのではないかという。一説には、MR業界の医者への弁当需要が大きく、病院に弁当を持っていって勉強会することもあるようだ。製薬会社1社での弁当の年間予算は数億円ともいわれている。

ごちクル主宰の濱野亜紀氏は楽天や野村證券でマーケティング畑を歩いてきたマーケティングのプロ。発注に結び付けるために、ふたつの工夫をした。

おかずを手前に置いて撮影した写真

「写真の撮り方を工夫しました。通常、多くのお弁当の写真は、ご飯が手前に来ています。ご飯を手前に食べることが多いからでしょう。おかずを手前に撮影することで、お弁当にボリュームが出てよりおいしそうに見えるので、ごちクルではそのような写真を掲載しています」

もうひとつの工夫はカタログにある。

カタログはあえて大きなA4サイズに

「当初はA5版のカタログを作っていましたが、サイズが小さいと捨てられてしまうこともあります。A4サイズの大きなカタログにすることで、秘書や総務の方がとりあえずとっておこうかな。と思ってもらえるようにしました。現在、カタログは数万冊発行しています」

リピーターは食べる人がいつも同じという役員会議などの定例会で発注する場合と、イベントの参加者に対して発注する2パターンがある。前者は食べる人が変わらないため、同じメニューではなく異なるメニューを発注し、後者は同じメニューを発注し続ける傾向にあるという。ごちクルでは注文を受ける比率はオンラインと電話が半々。電話は単に注文を受けるだけではなく、どんな弁当がいいかお客様に相談されることもある。50人態勢のコールセンターは、みな弁当に詳しいコンシェルジュだ。顧客サービスはザッポスを標榜している。

次ページ「ごちクル」の実力を採点してみた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT