アドテクの超新星は、どこまで成長できるか?

ビッグデータ活用も見据える、DSPの雄・フリークアウト

 スタートアップという言葉が日本でも定着し始めてきた。スタートアップのサービスは目新しいサービスに見えても、そのビジネスモデルは何種類かに分類することができる。そのサービスの事業領域の伸びがどれくらい見込めるかという点と併せて、ビジネスモデルを本連載で紹介していく。
 今回から3回に渡り、アドテクノロジー分野(以下アドテク)のスタートアップを特集する。アドテクはスタートアップ業界で注目されているが、とてもわかりにくい分野でもあるので、できるだけ平易な言葉での説明を試みる。本連載では、現在主流となりつつあるRTB(リアルタイムビッティング)関連分野のスタートアップ3社を紹介する。アドテク編初回はDSP(ディマンド・サイド・プラットフォーム)の雄・フリークアウトCOOの佐藤祐介氏にDSP広告とその市場について聞いた。
世界中で盛り上がるアドテク市場。DSP分野で急成長するフリークアウトの佐藤祐介COO。

従来型のディスプレー広告との違い

まず、そもそも、RTB広告とは何かを説明しよう。既存のディスプレー広告と、RTB広告の商流には下図のような違いがある。

フリークアウトの佐藤氏は、今までのインターネット広告とRTBの違いを、未公開株と公開株に例える。

従来であれば、メディアの広告枠を代理店が買って、クライアントに売るという商流が中心だった。この構造においては、広告枠を扱うこと自体に優位性が出やすい。大手広告代理店が独占してメディアの広告枠を買う際には、ボリュームディスカウントを効かせて安く仕入れたり、独占販売によって高単価を維持したりして、高い利益を出すことも可能だった。いわば、広告枠の流動性が低い状態であり、これは未公開株に例えることができる。

一方のRTBでは、広告枠とその閲覧者(アドテク業界ではオーディエンスとも言う)を自動的に評価する仕組みになっている。

「RTBではそのページの閲覧者の興味関心や生活習慣、過去のクリック行動をデータ解析して、どのクライアントの広告がその閲覧者に最適かを瞬時に判断します。機械的に入札リクエストをクライアントに送り、クライアントはその広告枠を買って広告を表示させるべきか否か機械的に瞬時に判断する。公開株の取引のようなものです。未公開株のように、株という枠を買うことに優位性はなくなり、公開株で利益を出すにはリアルタイムで賢く買うことが必要になります。広告を買うクライアント側をサポートするのがDSPです」(佐藤氏)。

次ページDSP事業者の特徴の違い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT