デジタルジャーナリズム時代の、5つの教訓

今、アメリカのメディアで何が起きているのか

デジタル化の波の中で、激変するアメリカのメディア業界。数々の新興ウェブメディアが台頭し、今やジャーナリズムと「起業」は、切っても切り離せない関係になっている。「アントレプレニュリアル(起業家)ジャーナリズム」教育の第一人者であり、ニューヨーク市立大学ジャーナリズム大学院教育担当ディレクターのジェレミー・キャプランが、早稲田大学にて講演を行った。約1時間の講演では、デジタル化するアメリカジャーナリズムから見える5つの教訓を、豊富な事例を基に解説した。その内容を要約して伝える。
ジェレミー・キャプラン:ニューヨーク市立大学ジャーナリズム大学院ディレクター(撮影:荒川拓)

 

講演時のスライドはこちら

1. 何よりもデザインを優先する

数多くのウェブメディアが登場する中で、デザインの重要性はますます高まっている。ユーザーインターフェースを理解していないメディアは、どれほど美しいストーリーを語ったとしても、シェアされることはまれだろう。

美しいデザインをストーリーに活かすNarratively

Narrativelyは、2012年9月にローンチしたウェブメディアだ。スローガンは、「ニュースのサイクルをゆっくりに (slow down the news cycle)」。毎週異なるテーマを設定し、1日1本、そのテーマに沿った深いストーリー性のあるニュースを提供する。ウェブメディアにありがちな、1日の間に大量にポストするニュースメディアとは対極にあると言える。このメディアが成功している要因は、言うまでもなく洗練されたデザイン性だ。文字に写真やビデオを融合し、美しくシンプルなデザインを追求している。どこで、どのように、なぜ、そのストーリーが生まれたか、美しいイメージとともに紹介する。読む者に、テキストだけでは得られない感情を与えてくれる。

2. とにかく実験する

A/Bテストのような科学的手法が一般的になった今日、ウェブメディアは実験することに何のためらいを持つ必要もなくなった。新しいストーリーの語り方、新しいアプリケーション、新しいアイデアを思いついたら、即座に実行するべきだ。

 データページが人気のTexas Tribune

Texas Tribuneは、テキサスに拠点を構えるウェブメディアだ。わずか38人の社員が運営するこのメディアは、テキサス地域の情報を中心に発信するローカルメディアながら、ユニークビジター数55万人、年間450万ドルの売り上げを獲得する。注目すべきは、同サイトへのトラフィックの3分の1が、テキサス地方のデータを掲載するページに集まっていることだ。記者が書く文章と同じ以上の人気を、インタラクティブなデータの集まりから生み出している。これも、数多くの実験を経てたどり着いた戦略だ。

次ページ新旧メディアとも、広告を記事にする時代
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT