デジタルジャーナリズム時代の、5つの教訓

今、アメリカのメディアで何が起きているのか

5. ジャーナリストは起業家たれ

2020年、ジャーナリストに必要なスキルは、取材をし、原稿を書き、編集するだけでは不十分だ。新しいスキルが求められている。従来以上に、写真・ビデオ・音といったマルチメディアに精通していなければならない。ソーシャルメディア上でコミュニティを作り、時には自分でデータをデザインし、時には自分でプログラムを作ることも必要だろう。しかし何よりも重要なことは、ビジネスのことを理解し、起業家マインドを持ったジャーナリストとなることだ。

次のトレンドはクラウドファンディングと自動記事作成

最後にキャプランは、これからのジャーナリズムのトレンドを述べる。

調査報道のためのクラウドファンディングを目指すUncoverage

ひとつは、ジャーナリズムにおけるクラウドファンディングだ。Uncoverageは、調査報道資金専門のクラウドファンディングとして2013年12月初頭に企画され、現在、企画自体がクラウドファンディングを受けている。時間も費用もかかる調査報道も、クラウドファンディングによって支えられる仕組みが作られれば、記者が媒体に依存せず、調査活動に専念できる日が来るかもしれない。

  地震速報を自動作成するLosAngelesTimes

もうひとつは、記事の自動作成だ。企業の決算報告やスポーツの試合結果など、数値が重要な情報の大部分を占める記事は、すでにコンピュータによって自動作成できる技術が開発されている。そのクオリティは、一見して人間の記者が書いたものと見間違えるほどだ。特にコンピュータが優れているのは、速報性だ。Los Angeles Timesでは、早朝5時に発生した地震の8分後に、コンピュータによる自動記事を掲載した。人間の記者にはまねできない芸当だ。数値として収集可能な情報をニュースとする場合、アルゴリズム記者による記事が主流になる日も近いかもしれない。

(構成:荒川 拓)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。