デジタルジャーナリズム時代の、5つの教訓

今、アメリカのメディアで何が起きているのか

3. ネット広告を再定義する

ユーザーは、もはや自分の関心のない広告を見ようとはしない。ユーザーが記事の選択権を持つのと同様に、広告の選択権を持っていることを、メディア側は正しく認識するべきだ。もちろん、ジャーナリストとして真実を追究することをやめてはならないが、広告をコンテンツにしていくことも、選択肢のひとつとして考えるべきだ。

スポンサー記事で成長を続けるBuzzfeed

BuzzFeedは、ソーシャルに重点をおいたウェブメディアだが、最大の特徴はネット広告を再定義しようと試みていることだ。単なる広告ではなく、企業イメージを基にしたコンテンツを作っている。たとえば、キヤノンのページでは、カメラの画像ではなく、美しい写真を掲載している。ユーザーは、美しい風景を見ようとリンクをクリックするが、実際は、キヤノンのパワーショットの性能を目の当たりにしているのだ。

老舗メディアForbesもスポンサー記事へ注力

老舗メディアのForbesも、デジタル化の中で大きく変革したメディアだ。その大きな変化のひとつは、記事を届ける主体を、メディアではなく読者であると再定義した点にある。現在、Forbesのウェブページでは、1日に約450の記事が投稿され、ソーシャルメディア上で6万5000回もシェアされている。そして、最大の変化は収入源だ。今や収入源の2割は、スポンサーによるコンテンツとなっている。

4. キュレーションとアグリゲーションの価値が高まる

自らコンテンツを作らずとも、作られたコンテンツをキュレーション(収集)、アグリゲーション(集約)することで、新しい付加価値を生み出している。この傾向は確かに以前からあったが、デジタル化が進んだ今日では、何かひとつ独自の特徴を持ってキュレーション、アグリゲーションを行うことで、多くの人気を得ることができる。

見出しと拡散力で勝負するUpworthy

Upworthyは、近年、最も急速に成長を続けるウェブキュレーションメディアだ。自分たちではコンテンツを作らず、既存のコンテンツに新しい見出しをつけパッケージ化する。フェイスブックのファン数は490万人を超え、月間8700万人のユニークビジターが訪れる。成長を支えるエンジンは、選別された見出しだ。つねにひとつのコンテンツに対し見出しを20以上作成し、その中から最も拡散力のある見出しをチームで選んでいる。メディアが乱立するウェブにおいて、キュレーションが重要な位置を占めていることを示す好例だ。

次ページ次のジャーナリズムのトレンドは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。