元リクルート出世頭が狙う、UIの世界王者

デザインは集合知で改善できるのか?

2014年、日本のウェブ業界の次のトレンドは何か。昨年が「ビッグデータ元年」だとすれば、 今年は「ユーザーインターフェース元年」になるかもしれない。コンピュータと人間の関係を円滑にするために発展を続けるユーザーインターフェース(UI)。数々のウェブサービスが乱立する今日では、UIを制するものがウェブを制するといっても過言ではない。UI関連ビジネスで成長を続ける2つのスタートアップへの取材を通じて、なぜ今UIが重要なのか、UI関連ビジネスの最前線で何が起きているのか、考察する。
後編となる今回取り上げるのは、UI改善プラットフォームビジネスで急成長を続けるKAIZEN platform Inc.。A/Bテストツールを提供する同社の事業戦略からチーム作りに至るまで、同社共同創業者兼CEO須藤憲司氏の話を交えながら、分析する。
KAIZEN platform Inc.共同創業者兼CEO須藤憲司氏(撮影:梅谷秀司)

前回は、UIデザインを武器に成長する株式会社グッドパッチを取り上げた。後編となる今回は、個々のUIデザインを開発するのでなく、UI改善のプラットフォームサービスを事業とするKAIZEN platform Inc.に着目する。創業1年足らずだが、主要ウェブ会社のエースが集結し、従業員数は30人に上る。本社をサンフランシスコに置き、最初からグローバル展開を目指すスタートアップだ。

誰でも簡単に、ウェブのUIを改善する

KAIZENが提供するのは、誰でも簡単にA/Bテストができるツール「planBCD」だ。いくつかのパターンの中から、独自のアルゴリズムで効果の高いUIデザインを選択し、自動的に表示の割合をコントロールする。操作も、パワーポイントを扱うように直感的に行え、誰でも簡単にUIの改善が行える。

「UIの改善をする際、最大の問題は、何が問題かわからないところです。だから、『このページのここを直したほうがいいですよ』というのをレコメンドし、自動で改善を行うことのできるツールにしました」

同社共同創業者兼CEO須藤憲司氏はこう話す。

次ページリクルート流、集合知を使うビジネスとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT