ヤフー社員が、”弁当屋”になったワケ

世界一、ネットで弁当を売る達人もやってきた!

「飯って、毎日食っているよな? 食いもので何かできない?」

「たとえば、弁当とか。社員みんなで食べたらいい」

「うん、お前ら、弁当がいいよ! 弁当!」

と盛り上がるのは、ヤフー社長の宮坂学と、副社長の川邊健太郎。前回紹介した石巻での「現地座談会」の準備のため、彼らと打ち合わせをしていたときのことだ。話し合っているうちに、彼らにスイッチが入ったようだ。

「ヤフーの社員みんなで何か復興支援できることはないか? それを考えようぜ!」

“石巻で、ヤフーが何をやるのか、できるのか”ということを決めるのがその日のテーマだったが、話は急展開していった。

宮坂は突然、こう言った。

「『これから復興支援に、本腰を入れてやっていこう』と発表するのに、ヤフーの社員で復興支援にかかわっているのは、実は須永(浩一・現復興支援室長)と長谷川の2人だけというのはダメ。そういうのは嫌だ。」

よく、いろいろな企業が○○の日だとか、○○リボンだとかの活動に協賛している。その告知日に注目してもらえれば、さまざまな波及効果を生むだろうが、本来はその日、そのときだけ考えてやればいいというものではない。それは、復興支援も同じだ。

ごく限定的にしか復興支援を行っていないのに、「会社として支援しています」と言うのはウソになる。そんなことは認められないし、嫌だというのが宮坂の持論だった。こういうときは社長だからとか関係なく、純粋に「宮坂さんいいこと言うなあ。確かにそうだよなあ」と思う。

次ページIT企業社員が、どうやって弁当を作る?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。