ヤフー社員が、”弁当屋”になったワケ

世界一、ネットで弁当を売る達人もやってきた!

お弁当・ケータリングモール「ごちクル」の方でも、売れ行きは上々。昨年の秋頃に、「ごちクル」の売り上げがヤフー社内の売り上げを超えた。

ネットで購入するのは、一般の人、企業の人だ。「どうせお昼を食べるなら、復興支援になるお弁当にしよう」。そんな意識で弁当を買ってくれる企業があるのは、非常にありがたい。

ヤフー弁当は、社内で長蛇の列ができるほどの人気に

その後、「石巻爆速復興弁当」は、レパートリーを変えたりして、第8弾までできた。

現在は「金華ぎん」に加え、宮城の名産かきをふっくら炊き上げた「カキ弁当」、三陸海岸の身のしまった真さばを使った「さば味噌煮」、脂の乗った“トロサンマ”を盛り合わせた「さんま天丼」などを販売中だ。

ついに駅弁、進出

今年1月からは、NEXCO東日本との共同開発で、『三陸彩り 金華ぎん 鮭弁当』を埼玉県の東北道、蓮田SAで販売している。駅弁愛好家・小林しのぶさんの協力も得て、見た目もきれいな豪華弁当に仕上がった。

そして2月からは、JRの駅でも販売を開始した。どうせ弁当をやるなら、いつか駅弁をと冗談で言っていたのが、あっという間に実現してしまった。

先日は、東京駅の売場チェックに行ったとき、まさに復興弁当を2つも買ってくれた人を発見。目を潤ませながら深々と頭を下げる、という不審者っぷりを発揮してきた。ありがとうございます、見知らぬお客様!

こうして「爆速復興弁当シリーズ」は、累計6500 個以上売れ、僕らが運営するサイト「復興デパートメント」の中でも主力商品となった。

最初はちょっとした思いつきだった弁当企画。まさかこれだけの形になり、今のような展開になるとは想像だにしなかった。

当初、宮坂が言っていたように、弁当での復興支援というのはわかりやすいのか、石巻でも東京でも一定の評価をされていると感じる。

“ヤフー弁当”は、まだまだ飛躍すると思っている。今後、大きく展開させるにはどうしたらいいのか、販路をどう開拓するか、知恵の絞りどころだ。

もちろんこの弁当は、ビジネスになっている。売れた分の数%を、われわれが動いた分の対価としていただいている(まだ小さいけど……)。このビジネスを大きくすることも、「黒字化」を目指すわれわれの使命のひとつなのだ。

当初、右も左もわからない状態で「なんかやれそうです」と言ったことから始まった企画。とにかくいろいろな人に助けてもらった結果であり、感謝の気持ちでいっぱいだ。いやしかし、みんなで力を合わせれば、なんとかなるもんですね……。

(構成:渡部 由美子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。