ヤフー社員が、”弁当屋”になったワケ

世界一、ネットで弁当を売る達人もやってきた!

30代前半の“イケメン社長”きっしーさんは、アパレル卸会社から楽天に転職。楽天球団を立ち上げた当初、自ら挙手して仙台に飛び込み、球団創設に大きく貢献した人だ。独立後は、お弁当・ケータリングの総合モール「ごちクル」を運営し、ネットでの弁当販売を精力的に展開している。

川邊の強烈な紹介で、すぐにきっしーさんに会いにいった。あの座談会の6日後のことだ。

”きっしーさん”が運営する「ごちクル」へ相談へ

「ぜひ一緒にやりましょう!」。きっしーさんは忙しいのに時間を取ってくれ、すぐさま快諾してくれた。さすが、川邊の知り合いは話が早い。

「ここがちょっと難しいかもしれないから検討して」などとペンディングにしたりしない。細かい懸念事項への対応は後々やるとして、おおよそ行けるだろうと判断すれば、”爆速で”物事は進む。

きっしーさんの会社は、弁当のプロデュースや代理販売を本業としている。現地の食材を使ったメニューも一緒に考えてくれ、しかも一般向けのネット販売にも協力してもらえることになった。実際に弁当を作ってくれる弁当屋さん、スタイリストさんも紹介され、いよいよ具体的に弁当開発がスタートした。

知られざる、弁当業界のすごい人々

まずは、「復興デパートメント」立ち上げのきっかけにもなった本田水産の本田太さんに相談した。

石巻の本田水産、本田社長もメニューを提案してくれた

「弁当にするならこういうのがいいよ!」

本田さんは、2時間くらいノリノリで食材について解説し、いろいろとおいしいおかずを試食させてくれた。わかめの佃煮、小女子のピリカラ煮……。一見地味なようで、食べてみると、これがものすごくウマい。

「とにかくおススメだから!」と、本田さんは頼んでもいないのに、そのサンプルを弁当屋さんに送り届けてくれた。それらのお惣菜は、第1弾のおかずとなっている。

このように食材選びに関しては、僕は現地の生産者と弁当屋さんの間をつなぐコーディネイトだけをさせてもらった。

もちろん、コンセプトは先に伝えておいたが、自分のような弁当の素人が食材の細かいことに口を出しても、しかたがないと思ったからだ。

次ページ”ミイラ”みたいな鮭とは、全然違う
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT