”復興野郎”の僕が惚れた、男たちの名言

その復興愛に、ぐっときて、はっとした!

「Don't think.FEEL!(考えるな、感じるんだ!)」

これは映画『燃えよドラゴン』に出てくるブルース・リーのセリフ。(らしい。実はちゃんと見たことはないのだけど……)

この言葉は、今後の東北復興のために必要なキーワードのひとつでもあると、僕はとらえている。

東北の被災地を訪れたヤフーの役員と関係者(後ろを歩くのが長谷川)

前回、「復興支援の現場は“感情先行”ではなく、理路整然と進められているケースも多い」と紹介したばかりなのに、「何のこっちゃ。言っていることが違うじゃん」と思われるかもしれない。でも詳しくは後で説明するが、実際のところ、そういうときも多々あるのだ。

僕ら復興支援室のメンバーが、被災地における真の課題、イシューを見つけるために行った“濃密ヒアリング”。僕らは、被災地や東京でさまざまな人を紹介してもらい、話を聞いて回った。

そこで、被災地の復興支援に奮闘するキーパーソンたちからもらった数々の言葉……。

「あれ?」と思ったのは、その中のいくつかが、ヤフー社長・宮坂学の言葉とかぶっていたことだ。

濃密ヒアリングにおいて、石巻市雄勝町の漁業再建を目指している株式会社OH!ガッツの立花貴さんの話を聞いたときもそうだった。

彼は伊藤忠商事を退社した後、食をテーマに3つの会社を立ち上げた起業家だが、震災後、地元の漁師の方々と共に会社を設立し、毎週、東京から会社員や官僚まであらゆる人を引っ張ってきて、漁業の生産現場を見てもらうなどの活動を続けている。

次ページ立花さんの、胸に響く言葉
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。