”復興野郎”の僕が惚れた、男たちの名言

その復興愛に、ぐっときて、はっとした!

昨年(2012年)4月、僕と須永(浩一・現復興支援室長)は立花さんが拠点にしている築70年という古民家に話を聞きにいった。

「東北にはまだまだプロデューサーが少ない。いわゆる“右腕”的なサポートをする立場でなく、“ツートップ”として何でもまとめられるプロデューサー的な存在が東北に必要だ」

示唆に富んだ言葉をくれた、OH!ガッツの立花貴さん

「東北で小さな成功事例をいくつか作り、それを積み上げていくことが大事だと思う。そうすることで、勝手に“伝播”して広がっていくものだから」

「それをコツコツやっていくと、15~20年後、確固とした経済インパクトが出てくると思う」

いずれも非常に感銘を受けた話だった。特に成功事例の話は、東北の現状や本質を理解して活動している多くのキーパーソンが同様のことを語っていた。そして、宮坂もよく同じことを言っていた。

「東北できっちりやりたいなら、何でも広くやるより、現場に根気よく張り付いて、Focusして成功事例をしっかり作る。すると周囲がそれを自然にまねして広がっていく。もちろん、爆速でやれよ」

前述のブルース・リーのセリフも同様だ。宮坂は社員向けプレゼンテーションのときによく「Don’t Think Feeeeeeel」と書いていた。

「あえて考えない。そうするとふっと底から湧いてくる瞬間がある」

囲炉裏の暖かな火を前にして、立花さんは語った。東京から東北まで、自ら運転する車で人々を連れてくる最中、みんなが寝静まったときなど、ふとアイデアが湧いてくる瞬間がある。その湧いてきたものをしっかりつかんで行動するのだ、という。

次ページ復興支援に、足りないもの
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。