”復興野郎”の僕が惚れた、男たちの名言

その復興愛に、ぐっときて、はっとした!

昨年(2012年)4月、僕と須永(浩一・現復興支援室長)は立花さんが拠点にしている築70年という古民家に話を聞きにいった。

「東北にはまだまだプロデューサーが少ない。いわゆる“右腕”的なサポートをする立場でなく、“ツートップ”として何でもまとめられるプロデューサー的な存在が東北に必要だ」

示唆に富んだ言葉をくれた、OH!ガッツの立花貴さん

「東北で小さな成功事例をいくつか作り、それを積み上げていくことが大事だと思う。そうすることで、勝手に“伝播”して広がっていくものだから」

「それをコツコツやっていくと、15~20年後、確固とした経済インパクトが出てくると思う」

いずれも非常に感銘を受けた話だった。特に成功事例の話は、東北の現状や本質を理解して活動している多くのキーパーソンが同様のことを語っていた。そして、宮坂もよく同じことを言っていた。

「東北できっちりやりたいなら、何でも広くやるより、現場に根気よく張り付いて、Focusして成功事例をしっかり作る。すると周囲がそれを自然にまねして広がっていく。もちろん、爆速でやれよ」

前述のブルース・リーのセリフも同様だ。宮坂は社員向けプレゼンテーションのときによく「Don’t Think Feeeeeeel」と書いていた。

「あえて考えない。そうするとふっと底から湧いてくる瞬間がある」

囲炉裏の暖かな火を前にして、立花さんは語った。東京から東北まで、自ら運転する車で人々を連れてくる最中、みんなが寝静まったときなど、ふとアイデアが湧いてくる瞬間がある。その湧いてきたものをしっかりつかんで行動するのだ、という。

次ページ復興支援に、足りないもの
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?