”復興野郎”の僕が惚れた、男たちの名言

その復興愛に、ぐっときて、はっとした!

昨年(2012年)4月、僕と須永(浩一・現復興支援室長)は立花さんが拠点にしている築70年という古民家に話を聞きにいった。

「東北にはまだまだプロデューサーが少ない。いわゆる“右腕”的なサポートをする立場でなく、“ツートップ”として何でもまとめられるプロデューサー的な存在が東北に必要だ」

示唆に富んだ言葉をくれた、OH!ガッツの立花貴さん

「東北で小さな成功事例をいくつか作り、それを積み上げていくことが大事だと思う。そうすることで、勝手に“伝播”して広がっていくものだから」

「それをコツコツやっていくと、15~20年後、確固とした経済インパクトが出てくると思う」

いずれも非常に感銘を受けた話だった。特に成功事例の話は、東北の現状や本質を理解して活動している多くのキーパーソンが同様のことを語っていた。そして、宮坂もよく同じことを言っていた。

「東北できっちりやりたいなら、何でも広くやるより、現場に根気よく張り付いて、Focusして成功事例をしっかり作る。すると周囲がそれを自然にまねして広がっていく。もちろん、爆速でやれよ」

前述のブルース・リーのセリフも同様だ。宮坂は社員向けプレゼンテーションのときによく「Don’t Think Feeeeeeel」と書いていた。

「あえて考えない。そうするとふっと底から湧いてくる瞬間がある」

囲炉裏の暖かな火を前にして、立花さんは語った。東京から東北まで、自ら運転する車で人々を連れてくる最中、みんなが寝静まったときなど、ふとアイデアが湧いてくる瞬間がある。その湧いてきたものをしっかりつかんで行動するのだ、という。

次ページ復興支援に、足りないもの
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT