”復興野郎”の僕が惚れた、男たちの名言

その復興愛に、ぐっときて、はっとした!

「日本のために」「子孫のために」。立花さんが拠点とする雄勝町の人々はよくそんな言い方をする。きっとそういう志を持っている人には、生物的なエネルギーがあふれるくらい体中にしみ渡っていて、それが湧き上がる瞬間があるのだとおっしゃっていた。

その証拠に(?)、古民家で囲炉裏の前で語り合っていたとき、立花さんの周囲にはオーラのようなものが出ていたように見えた。東京で初めてお会いしたときは穏やかな人という印象だったが、怖いくらい研ぎ澄まされた雰囲気があった。それがすごく印象的だった。

ちなみに、宮坂も立花さんも「死ぬほど本を読む」という点が共通している。それだからこそ、出てきた言葉なのかもしれない。

東北には、プロデューサーが足りない

「濃密ヒアリング」では、非常にためになる話をたくさん伺うことができた。

「ネット企業であるヤフーが石巻で成功事例を作れば、それを民間の企業がまねするので、成功の“のれん分け”になる。たとえば、数十万、数百万円規模の小さな成功でも大きな意味があると思う」

震災直後も情報を「壁新聞で」伝え続けた、石巻日日新聞

被災地域における「壁新聞」で有名になった石巻日日新聞の業務取締役兼編集局長で、“東北のサムライ”のような雰囲気を持つ武内宏之さんの言葉だ。

「ありとあらゆるプロジェクトが立ち上がっているが、残念ながらどうしても“競争的復興”になってくる。復興予算は枠が決まっている。その取り合いになってくるから、早めに動く必要がある」

「『翻訳できる人』が不足している。住民とも話せて、公共性も理解して、ビジネスもわかる人。どうしてもハード面での復興に目がいきがちだが、長期的・持続的な復興にはソフト面(コミュニティ形成、ビジネスプロデュース)が重要」

次ページそして、ヤフーの復興支援の柱が固まった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。