ヤフーの”秘密結社”で学ぶ、課題解決術

あなた、それは”犬の道”ですよ!

社員約4000人を抱えるヤフー。この大組織には、知る人ぞ知る“2大塾”が存在する。

ひとつは、人事本部長の本間浩輔によるコーチングやメンタリングを教える「本間塾」。もうひとつが執行役員であり、事業戦略統括本部長となった安宅和人(あたか・かずと)による、課題解決法を徹底指導する「安宅塾」だ。

「安宅塾」塾長の安宅和人執行役員。マッキンゼー勤務後、イェール大学・脳神経科学プログラムに入学、学位取得(Ph.D.)。マッキンゼー復帰の後、ヤフーに移ってきた異色の経歴の持ち主。

現社長の宮坂学は、以前から社員研修を重視していた。そのため新体制発足後は、ますます全社的に社員の育成に熱が入るようになっている。安宅塾も本間塾も、志願すれば社員は誰でも入塾できる。

「安宅塾」の代表である安宅さんは、『イシューからはじめよ』という著書を書いた、ベストセラー作家でもある。

安宅さんの『イシューからはじめよ』はベストセラーに

彼がヤフーCOO室長時代に書いたこの本では、「本当に優れた知的生産の方法」が説かれている。具体的には、「アウトプットとして、何を生み出すことに意味があるのか」「何が本当のカギなのか」を知る手法が体系的に書かれている。

それを実践すると、なんと「やるべきことは100分の1」にもなるという。この本は、マッキンゼー出身者など一部の間では、バイブル的存在となっている。

その安宅さんが率いる「安宅塾」は、彼がマッキンゼー時代からの有名な塾だったようだ。

僕らが被災地支援のため、東北に足を運んだときも、現地で「安宅さんって、今ヤフーですよね。実は僕、マッキンゼー時代に『安宅塾』にいたんです…」と何人かの人に聞かされ、驚いたものだ。マッキンゼー時代は今より怖い時期もあったとかなかったとかで、「恐怖の安宅塾」だったらしい。

僕からすると、安宅さんは多趣味で色んなことを知っていて、いつもコカコーラゼロを飲んでいるチャーミングなおじさまという感じなので、恐ろしい人という印象はないのだが…。

復興支援というと、どちらかといえば、情熱的な思いが先行して、がんがん進められているような印象があるかもしれないが、実は現場では、理路整然と進められているケースも多い。

次ページ復興支援で広がる、マッキンゼー思考
人気記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。