ジョブズ亡き後に来る、カリスマは誰だ?

シリコンバレーが待望する、新たな熱狂

Getty Images

スティーブ・ジョブズを失ったシリコンバレーで、今、“第2のジョブズ”とも呼ばれる人物が脚光を浴びているのをご存知だろうか。

ジャック・ドーシーは、シリコンバレーやテクノロジー業界の若者たちの間で絶大な人気を持つ起業家である。

ドーシーはツイッターの共同創設者であり、モバイル支払いシステム開発のスクウェアの共同創設者。社会とビジネスに変革を起こそうというスタートアップを、立て続けに2社も興したとなると、それだけで注目が集まるだろう。

だが、ドーシーが慕われているのは、それだけが理由ではない。彼が「哲学的な起業家」とみられていることも大きい。ビジネスのアイデアに、製品のあり方に、会社の運営方法に、そして自分の人生において、彼はいつも考えを巡らしている。

人々は、そんな様子を見て、彼がただ金儲けのために仕事をしているのではなく、より意味のある“何か”を求めていることを感じ取る。ドーシーが、時代の指針を与えるという意味で第2のスティーブ・ジョブズと目されるのは、それがあってのことなのだ。

大学中退のハッカー、ツイッターCEOへの道

ドーシーの生い立ちや、ここに至るまでの道のりは面白い。生まれたのは、米国ミズーリ州のセントルイス。幼い頃は、大量輸送機関に関心を抱いていたという。鉄道やバス、タクシーなどだ。

そのうち興味を抱き始めたのは、タクシーの配車サービスの仕組みである。ティーンエージャーの関心の対象としては、ずいぶん特定的なものなのだが、独学でプログラミングを学び、その技を使って、高校生の頃には自分で自転車配達サービスを始めようとしたほどである。

次ページツイッター”卒業”、そして再ブレイクへの道
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。