アップルCEOが伝えたかったこと

「米国マック生産プラン」のインパクト

12月になって、アップルCEOのティム・クック氏が、CEO就任から16カ月目にして初めてメディアのインタビューに応じた。これまでの米国IT業界の伝統であれば、WSJの名物コラムニストで重鎮のウォルト・モスバーグ氏あたりがインタビューすれば自然なように感じるのだが、そうではなかった。アップル幹部のスコット・フォーストール氏の退社に関し、内部情報を元にした辛らつなコラムを書いたためかもしれない。

インタビュー出演は苦しさの表れ?

クック氏が初めて出演する媒体に選んだのは、映像媒体がNBCの「ロックセンター・ウィズ・ブライアン・ウィリアムズ」、紙媒体が「ブルームバーグ・ビジネスウィーク」だった。両インタビューとも、12月6日に公開された。

インタビューの内容はウェブサイトでも読むことができる。NBCについては「Apple CEO Tim Cook announces plans to manufacture Mac computers in USA」ブルームバーグ・ビジネスウィークについては「Tim Cook's Freshman Year: The Apple CEO Speaks」に詳細が掲載されている。

前任の故スティーブ・ジョブズCEO以来、アップルはインタビューを好まない会社だ。それにもかかわらずクック氏がインタビューに登場した理由は、「伝えたいことがあるから」だ。よくありがちな、「マスコミから強い依頼があったのでお付き合いで出ました」という類のものではない。主導権を握っているのは、あくまでアップル。そこがメディア泣かせなところなのだが、花形企業ゆえに仕方がない。

が、今回のメディア出演は、苦しさの現われともいえる。アップルにはここのところ逆風が吹いている。成長鈍化の予測、iOS開発の責任者であるフォーストール氏退任など、次々にネガティブな材料が続出し、アップル株は9月の700㌦台をピークに急落。11月には500㌦にまで落ち込んでいた。

次ページマックの米国生産は自然な流れ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT