アップルCEOが伝えたかったこと

「米国マック生産プラン」のインパクト

12月になって、アップルCEOのティム・クック氏が、CEO就任から16カ月目にして初めてメディアのインタビューに応じた。これまでの米国IT業界の伝統であれば、WSJの名物コラムニストで重鎮のウォルト・モスバーグ氏あたりがインタビューすれば自然なように感じるのだが、そうではなかった。アップル幹部のスコット・フォーストール氏の退社に関し、内部情報を元にした辛らつなコラムを書いたためかもしれない。

インタビュー出演は苦しさの表れ?

クック氏が初めて出演する媒体に選んだのは、映像媒体がNBCの「ロックセンター・ウィズ・ブライアン・ウィリアムズ」、紙媒体が「ブルームバーグ・ビジネスウィーク」だった。両インタビューとも、12月6日に公開された。

インタビューの内容はウェブサイトでも読むことができる。NBCについては「Apple CEO Tim Cook announces plans to manufacture Mac computers in USA」ブルームバーグ・ビジネスウィークについては「Tim Cook's Freshman Year: The Apple CEO Speaks」に詳細が掲載されている。

前任の故スティーブ・ジョブズCEO以来、アップルはインタビューを好まない会社だ。それにもかかわらずクック氏がインタビューに登場した理由は、「伝えたいことがあるから」だ。よくありがちな、「マスコミから強い依頼があったのでお付き合いで出ました」という類のものではない。主導権を握っているのは、あくまでアップル。そこがメディア泣かせなところなのだが、花形企業ゆえに仕方がない。

が、今回のメディア出演は、苦しさの現われともいえる。アップルにはここのところ逆風が吹いている。成長鈍化の予測、iOS開発の責任者であるフォーストール氏退任など、次々にネガティブな材料が続出し、アップル株は9月の700㌦台をピークに急落。11月には500㌦にまで落ち込んでいた。

次ページマックの米国生産は自然な流れ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。