アップルCEOが伝えたかったこと

「米国マック生産プラン」のインパクト

12月になって、アップルCEOのティム・クック氏が、CEO就任から16カ月目にして初めてメディアのインタビューに応じた。これまでの米国IT業界の伝統であれば、WSJの名物コラムニストで重鎮のウォルト・モスバーグ氏あたりがインタビューすれば自然なように感じるのだが、そうではなかった。アップル幹部のスコット・フォーストール氏の退社に関し、内部情報を元にした辛らつなコラムを書いたためかもしれない。

インタビュー出演は苦しさの表れ?

クック氏が初めて出演する媒体に選んだのは、映像媒体がNBCの「ロックセンター・ウィズ・ブライアン・ウィリアムズ」、紙媒体が「ブルームバーグ・ビジネスウィーク」だった。両インタビューとも、12月6日に公開された。

インタビューの内容はウェブサイトでも読むことができる。NBCについては「Apple CEO Tim Cook announces plans to manufacture Mac computers in USA」ブルームバーグ・ビジネスウィークについては「Tim Cook's Freshman Year: The Apple CEO Speaks」に詳細が掲載されている。

前任の故スティーブ・ジョブズCEO以来、アップルはインタビューを好まない会社だ。それにもかかわらずクック氏がインタビューに登場した理由は、「伝えたいことがあるから」だ。よくありがちな、「マスコミから強い依頼があったのでお付き合いで出ました」という類のものではない。主導権を握っているのは、あくまでアップル。そこがメディア泣かせなところなのだが、花形企業ゆえに仕方がない。

が、今回のメディア出演は、苦しさの現われともいえる。アップルにはここのところ逆風が吹いている。成長鈍化の予測、iOS開発の責任者であるフォーストール氏退任など、次々にネガティブな材料が続出し、アップル株は9月の700㌦台をピークに急落。11月には500㌦にまで落ち込んでいた。

次ページマックの米国生産は自然な流れ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。