ソフトバンク・笠井和彦氏の死を悼む

SBIホールディングスの北尾社長もコメントを寄せてくれた

昨年11月取材時の笠井氏(撮影:梅谷秀司)

ソフトバンクの2000年代以降の躍進を支えたキーパーソンである笠井和彦取締役が10月21日、肺カルチノイドで死去した。享年76歳。

「おー。久し振りだね。がんばっているかね」--昨年11月、4~5年ぶりに取材をした笠井氏は、こう記者に笑いかけ、こちらの不躾な質問に対し、いつもどおり真摯に応えてくれたことを、昨日のことのように思い出した。結局、それが最後のインタビューになってしまった。

過去10年ほど、ソフトバンクの節目、節目の取材でお世話になった。取材を通じての付き合いだけだったが、笠井氏はソフトバンクにあって要(かなめ)ともいえるような人物だったと思う。普段は黒子のように控えているものの、ホークス買収、大型買収時の為替予約、自然エネルギー事業の落としどころを探る時など、重要な場面で存在感をみせた。笠井氏のおかげで、孫正義社長はいろいろと助けられたはずだ。

ディーリングのプロ

2000年6月、ソフトバンクの番頭役を務めていた北尾吉孝氏(現・SBIグループ社長)が、自身の後任として招聘したのが安田信託銀行(現在のみずほ信託銀行)会長を退任予定だった笠井氏だ。

次ページ富士銀行時代の笠井氏は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。