ソニーとDeNA、創業期の「引き抜き」事件

「欲で経営をしてはいけない」

名古屋に「興和」という企業がある。光学機器、医薬品など幅広く取り扱う名門商社だ。「キャベジンコーワ」で知られる、あの興和である。三輪家が経営する同族系の非上場企業であり、一族にはすでに興和の経営から引退して久しい三輪緑四郎さん(1929年~)がいる。私は2011年、東洋経済名古屋支社勤務時代に、緑四郎さんに興味深い話を伺う機会を得た。

久し振りに「温故知新」を書くわけだが、今回はそのときのエピソードを書き記しておきたい。7月初旬に『不格好経営』のヒットを飛ばしているディー・エヌ・エー(DeNA)の南場智子取締役ファウンダーにインタビューをした際に、2年前のことが脳裏に浮かんだためだ。

DeNAとリクルート

まずDeNAのエピソードとは、以下のようなものだ(『週刊東洋経済』7月20日号118~119ページの著者インタビューより)。

――人材引き抜きをめぐって日本オラクル社長(当時)の佐野力さん、リクルートのウェブサービス事業トップの信國乾一郎さんと衝突したエピソードを記しました。

南場:佐野さんと信國さんの話は全然違うもの。佐野さんにとってはいまだに不愉快な出来事かもしれないが、怒鳴り込んできたときに結んだ約束は守った。

それに対し、信國さんの件はずっと私を苦しめてきた。信國さんから借りた秘蔵っ子がDeNAに入社したことから信國さんに6時間にわたって問いただされた。しかし、私はとっさにウソをついた。本にはウソついたとはっきり書いていないが、「誘っていない」と言い張った。実際は誘ったにもかかわらず。

なぜ「誘いました」と言わなかったのか。このことにずっと苦しんできた。が、信國さんは2009年に44歳で亡くなってしまい、直接伝えることができなかった。

次ページソニーの創業期に起きたこと
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。