ソニーとDeNA、創業期の「引き抜き」事件

「欲で経営をしてはいけない」

ところがソニーの社史には、興和との関係があったとは描かれていない。ソニー社内にもそのような記録は残っていないようだ。ただし株式上場前の出資関係については記録に残っていないことも多いため、出資があった可能性は否定できないという。

社史には記されていないこと

なぜ記録に残っていないのか。それは両社の関係が突然、決裂したことと関係があるようだ。「盛田さんは、あろうことか興和の社員をごっそり引き抜いてしまった。私は抗議の手紙を書きましたが、盛田さんからはまともな返事がなかった。それで両社の関係が切れてしまった」。緑四郎さんは、まるで昨日のことのように怒りをあらわにしていた。

続けて、「こんな間違ったことをやる会社は、絶対に長続きしないと思った」とも。しかし、事件発生からすでに60年が経過しているが、ソニーはまだ存続している。しかも日本を代表するような巨大企業へと成長した。そこで「予想は外れましたね」と返したところ、「そんなことはない。今、ソニーはアップルなどにやられているでしょう。私の予想したとおりになっています」。

緑四郎さんは今も現役の経営者。孫世代の若手起業家への経営指導もしている。そこで伝えているのは、「欲で経営をしてはいけない」ということだ。「子どもの頃から善悪の判断ができるようになっていることが大切。善悪の判断ができないと経営者は失敗する」。

60年前のソニーのエピソードとDeNAを結び付けようというわけではない。昔も今も、創業期には人事をめぐるトラブルが起こりがちだということだ。しかし、得られる教訓はありそうだ。「どんなに忙しくても、貸してくれた人に対して直接、頭を下げて仁義を切りましょう。さもなければ恨まれますよ」。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
いま知っておきたい<br>天皇と日本史

「後醍醐天皇は超独裁者にして一流文化人」「光格天皇が朝廷の権威を高めたから維新が起きた」「昭和天皇は戦争指導に熱心だった」。有力学者による歴代天皇の研究で歴史を振り返りつつ、現代の天皇・皇室像を考える。