シリコンバレー最強CEOの偉大なる"妄想"

我慢ならない世の中を、変える方法

Getty Images

「マイクロソフトの新しいタブレットを使ってみたけれど、何か昔のガールフレンドを思い出したよ。頭の回転が良くて美しい。でも、あんまりにもややこしくて、訳がわからないんだ」。

ツイッターで、マイクロソフトをそうハチャメチャにこき下ろしているのは、マーク・ベニオフ。世界にクラウド革命を巻き起こした張本人であり、シリコンバレー最後の大型CEOともささやかれる男である。

彼はただユーモラスな表現に長けているだけではない。ふたつの面で現代のリーダーとしての資格を備えていると言える。

ひとつは、新しいテクノロジーのあり方を、他の誰よりも先駆けて世に問うたこと。もうひとつは、企業を単なる利益追求のための組織から、社会貢献を統合した行動体としてとらえ直したことである。

まゆつばと言われた”予言”が現実に

シリコンバレーでベニオフを知らない人間はいない。大柄の長身、人なつこい表情。ちょっとテディベア(クマのぬいぐるみ)のような外見だが、彼が創設したセールスフォース・ドットコムは現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長を続けている。ビジネスマンとして一級の、先見の明の持ち主なのだ。

1999年にベニオフがセールスフォースを設立したときの売り文句は、「ソフトウエアの終焉」だった。そのソフトウエアというのは、デスクトップのコンピュータや企業内のサーバーにインストールして使うソフトウエアのことである。

なぜ、そんなソフトウエアが終焉を迎えるのかというと、これからはインターネットに接続して、その状態でソフトウエアを使うことになるからである。

これは、昨今の言葉で言えば「クラウド型ソフトウエア」のことだ。当時はまだクラウドという表現が広く使われていなかったが、ベニオフはいち早くその考え方に基づいて企業を興したのである。

次ページいまやGEやトヨタも利用
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT