クラウド向け国内開発ベンチャーがタッグ

テラスカイ、資本提携で弱点のアマゾン向け取り込む

クラウド系開発ベンチャーが手を結んだ(写真右が佐藤秀哉テラスカイ社長、左が大石良サーバーワークス社長)

アマゾン、セールスフォース、グーグル、マイクロソフトというクラウド4強。成長が著しいクラウド市場の中でも、特にアマゾンのクラウドサービスであるアマゾンウェブサービス(AWS)が爆発的な伸びを見せている。セールスフォース向けSI(システム開発)では国内首位級のテラスカイ(東京都中央区)も、AWSに対応する動きをみせた。

テラスカイとサーバーワークスが資本提携

テラスカイは9月4日、AWSに強いSIer(システム開発業者)であるサーバーワークス(東京都新宿区)との資本業務提携を発表した。テラスカイがサーバーワークスの株式を3分の1取得し、持ち分会社化。サーバーワークスもテラスカイの株式の11%を保有し持ち合うことになる。両社はともにクラウド上でのシステム開発を得意とし、急成長を続けてきたが、エンジニアの確保がネックとなり、事業拡大の頭を押さえていた。この課題を今回の提携で解消することになる。

テラスカイは、セールスフォース向けベンチャーSIerとしてはトップクラスの存在で、株式上場も計画しているという。「スカイ・ビジュアルエディター」や「スカイ・オンデマンド」など自社開発したソフトも好調が続いている。セールスフォース認定技術者100人体制で、金融、流通、運輸、エネルギーなど幅広い導入実績を誇っている。

ただ、急成長を続けてきたものの、足元で爆発的な成長を記録しているAWS向けの対応も必要になっていた。「アマゾンでやる方がいいねという案件が増えていた」とテラスカイの佐藤秀哉社長は明かす。

次ページ両社に欠けていたもの
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT