売り上げを50倍に拡大したクラウド大手

セールスフォースが本社を丸の内へ

企業向けのクラウドサービス大手であるセールスフォース・ドットコム日本法人(港区六本木)は12月6日、本社を東京駅前のJPタワー(千代田区丸の内)に移転することを明らかにした。JPタワーの家主である日本郵政は、セールスフォースの大口顧客でもある。3フロアを借り、13年夏の入居を予定している。

セールスフォースは2000年4月に渋谷駅前にある渋谷マークシティウエストのインキュベーションファシリティの一室でうぶ声を上げた。規模拡大に伴い03年12月には同じ渋谷区内の恵比寿ビジネスタワーへ移転。08年4月からは、ネットベンチャーの聖地ともいえる六本木ヒルズ森タワーへ移転し、現在に至っている。

今回の引越しについて宇陀栄次社長は「私が入社した2004年と比べると日本法人の売り上げは50倍、従業員数は15倍になった。オフィスが手狭になったため規模拡大が必要だったのが第一の理由だ」と説明する。が、ほかの大きな狙いもある。

「銀行のように見られたい」

宇陀社長は丸の内への本社移転に込めた狙いを次のように説明する。

「丸の内に本社を構えることは大きなブランドだ。六本木にいるとインターネットベンチャーのように見られることが多いが、むしろ銀行のように硬い存在として見てほしい。そのためにも、丸の内へ本社を置く意味は大きい」。

「これまでの重要顧客の推移をみると損保ジャパン、みずほから始まり、日本郵政、そして経済産業省のエコポイント、トヨタ自動車と広がった。2011年12月には東京にデータセンターも構えた。これからは日本に根付いた企業として、企業文化を育てていくことが重要なフェーズに入った」。

丸の内に移動しても、現在と同様、フリーアドレス、フリードリンクなどオープンなオフィスの雰囲気は維持するという。「丸の内に本社を置けば、六本木とは違うタイプの人材も集まってくると思う。それが今から楽しみ」と宇陀社長。「日本法人では今後さらに5倍以上の売り上げ成長を目指している。丸の内本社はそうした成長のことも考えて設計をしていきたい」(宇陀社長)。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。