アマゾン本社へ行ってみた(下)

世界ブランドを輩出する街

米国シアトルにあるアマゾン本社訪問記の第2弾(第1弾はこちら)は、社員専用カフェテリアの紹介から始めよう。まだオープンから2年ほどしか経過していないため、実にきれい。シンプルなつくりは最近の高級ホテルのようだ。

カフェテリアへと続く廊下では「ブルームボール」が紹介されている。ブルームボールとは蝿叩きのようなスティックでエクササイズ用のボールを叩いて相手ゴールに入れ込むフィールドゲームで、アマゾン社員の公式競技のようなものらしい。

地元産品を活用した充実のメニュー

ちなみに、犬を徹底的に大事にするアマゾンだが、カフェテリアには犬連れでの入場はできない。そこは食品の衛生管理上、当然なのだろう。

では犬連れの場合には食事はどうずればいいのか。「外のレストランのテラス席を使ってもいいし、周辺にはいろいろな場所がありますから」(ロジャースさん)。確かに、困ることはまったくなさそうだ。

入り口付近には、ポテトチップスのようなおかしや甘い飲み物が並んでいる。スイーツもたくさんある。ここに入り浸っていると太ってしまいそうだ。

次ページ寿司コーナーを発見!
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT