アマゾン本社へ行ってみた(下)

世界ブランドを輩出する街

米国シアトルにあるアマゾン本社訪問記の第2弾(第1弾はこちら)は、社員専用カフェテリアの紹介から始めよう。まだオープンから2年ほどしか経過していないため、実にきれい。シンプルなつくりは最近の高級ホテルのようだ。

カフェテリアへと続く廊下では「ブルームボール」が紹介されている。ブルームボールとは蝿叩きのようなスティックでエクササイズ用のボールを叩いて相手ゴールに入れ込むフィールドゲームで、アマゾン社員の公式競技のようなものらしい。

地元産品を活用した充実のメニュー

ちなみに、犬を徹底的に大事にするアマゾンだが、カフェテリアには犬連れでの入場はできない。そこは食品の衛生管理上、当然なのだろう。

では犬連れの場合には食事はどうずればいいのか。「外のレストランのテラス席を使ってもいいし、周辺にはいろいろな場所がありますから」(ロジャースさん)。確かに、困ることはまったくなさそうだ。

入り口付近には、ポテトチップスのようなおかしや甘い飲み物が並んでいる。スイーツもたくさんある。ここに入り浸っていると太ってしまいそうだ。

次ページ寿司コーナーを発見!
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。