アマゾン本社へ行ってみた(下)

世界ブランドを輩出する街

米国シアトルにあるアマゾン本社訪問記の第2弾(第1弾はこちら)は、社員専用カフェテリアの紹介から始めよう。まだオープンから2年ほどしか経過していないため、実にきれい。シンプルなつくりは最近の高級ホテルのようだ。

カフェテリアへと続く廊下では「ブルームボール」が紹介されている。ブルームボールとは蝿叩きのようなスティックでエクササイズ用のボールを叩いて相手ゴールに入れ込むフィールドゲームで、アマゾン社員の公式競技のようなものらしい。

地元産品を活用した充実のメニュー

ちなみに、犬を徹底的に大事にするアマゾンだが、カフェテリアには犬連れでの入場はできない。そこは食品の衛生管理上、当然なのだろう。

では犬連れの場合には食事はどうずればいいのか。「外のレストランのテラス席を使ってもいいし、周辺にはいろいろな場所がありますから」(ロジャースさん)。確かに、困ることはまったくなさそうだ。

入り口付近には、ポテトチップスのようなおかしや甘い飲み物が並んでいる。スイーツもたくさんある。ここに入り浸っていると太ってしまいそうだ。

次ページ寿司コーナーを発見!
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT