楽天がコボ新機種、電子書籍市場は超激戦に

アマゾン・アップルに対抗

楽天は11日1日、カナダの子会社コボを通じ、新しい電子書籍専用端末2機種を日本市場に投入すると発表した。同機種は9月6日に海外向けの発売が発表されており、カナダ、オーストラリア、フランスなど7カ国では、10月1日から発売を開始している。

日本では第1弾として、11月1日からフロントライト機能付きの「kobo glo(コボグロー)」の予約受付を始め、同15日から7980円で発売する。第2弾である手のひらサイズの「kobo mini(コボミニ)」は、12月中旬に6980円で発売を予定する。予約開始日は決まっていない。

発表会見で展示されたコボの新機種

7月に発売したスタンダードタイプの「kobo touch(コボタッチ)」は、11月1日から、価格を従来から1000円引き下げ6980円とする。これら2機種に加え、アンドロイド4.0を搭載したタブレット端末「kobo ark(コボアーク)」も近日発売する。

また、デバイスのラインナップ充実と同時に、7月19日の「kobo touch」発売と同日に開設した電子書籍ストア「koboイーブックストア」のスマートフォン向けアプリのダウンロードも始める。アンドロイドアプリは年内、iOSアプリは「kobo ark」と同じく詳細を明らかにせず、近日中に対応をするとした。

11月1日に東京都内で開かれた会見で三木谷浩史会長兼社長は、「デバイスのラインナップ、アプリの充実は、日本の全ての方に電子ブックを届けたい、より読書を楽しんでもらいたいという思いから来ている」と熱意を語った。

次ページ発売当初は不具合が多発したが…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT