楽天がコボ新機種、電子書籍市場は超激戦に

アマゾン・アップルに対抗

発売当初に端末の初期設定で不具合が多発した「kobo touch」については、「内部目標である100万台には届かないが、他国と比べ日本の端末の購入台数は多い。購入冊数は平均の2倍近くある」と好調ぶりをアピールした。

10月下旬には、楽天カードのプレミアム会員向けに「kobo touch」を無償配布したが、「販売促進なので詳細については応えられない」とした。

行政指導は”謝罪” 参入相次ぐ電子書籍市場

楽天は10月26日、「koboイーブックストア」のコンテンツ数の表示において消費者庁から景品表示法上、不適切な部分、すなわち数の水増しがあったとして、消費者庁から行政指導を受けたことを発表済みだ。当初はkobo touchのパンフレットなどに、日本語のコンテンツ数を「約3万冊」と表記していたが、実際は1万9164冊だった。

この点について三木谷会長兼社長は、「開始までに3万冊のコンバージョン(データの転換)が終わる予定だったが、オペレーション上の手間が多少かかった。ここについてはお詫びしなければならない」と謝罪した。

現在のコンテンツの中身については、「(約6万5000冊のうち)ウィキペディアの情報が500冊以下含まれる。これについては、ウェブ上でも公開している。それ以外のものは純粋な書籍、漫画を中心としたコミックを揃えている」と説明。現在も無料で一般公開されている青空文庫が当初から約1万点占めていることや、ギターコード譜や写真などのコンテンツを1冊としてカウントしていることについては触れなかった。

次ページキンドルやネクサス、アイパッドなどとガチンコ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。