アマゾン本社へ行ってみた(下) 世界ブランドを輩出する街

拡大
縮小

寿司コーナーもある。ただし、曜日限定。この日はお休みだった。

社員の健康のために素材には徹底的にこだわっている。ワシントン州産品を使う地産池消にも取り組んでいる。カフェテリア内にはそんなことをアピールする張り紙も。

もちろん入り口付近にあるお菓子コーナーをスルーしてバイキングに行けば、そこは充実のメニューが広がる。たっぷりのサラダがあるし、イタリアンから中華まで充実したメニューだ。ちょうど11時を回ったころだが、早朝から働いている社員がポツポツ来店中。

ここで、ロジャースさんとはお別れ。外に出て、新本社の建設予定地を目指すことにした。ちなみに、現本社の横には3両編成のLRTが運行している。地下鉄もなく公共交通機関が発達していないシアトルにあって異色の存在だ。ダウンタウンとアマゾン本社があるユニオン湖南部を結んでいる。

次ページ新本社建設予定地を目指す
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT