アマゾン本社へ行ってみた(下) 世界ブランドを輩出する街

拡大
縮小

新本社建設予定地はここ

さて、前回の記事でも触れたように、アマゾンは急増する本社務めの社員をユニオン湖南岸の現キャンパスだけでは収容できなくなっている。抜本的な解決のためには周辺のビルを借り増すだけでは間に合わず、巨大ビルへの引越しが不可欠だ。現在、引越しへ向けた準備が進んでいる。

LRTの路線沿いにダウンタウンへ向かう。奥がユニオン湖南部(アマゾン現本社所在地)で左側が新本社建設予定地である。現本社から歩いて10~15分だろうか、それほど離れてはいない。

建設予定地には市の当局が張り出したボードが張り出されている。ボードの右側に書かれた図面をみればわかるように、3ブロックを用いてアマゾン本社がレンタル入居する高層ビルなどを建設する予定だ。

その後ろに並んでいる車の数々はトヨタの中古車。現在、この場所にはトヨタの中古車ディーラーが店を構えているが、建物はプレハブづくりで、一時的なもののようだ。

次ページ高層ビル街を望む
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT