ホームレスの住居事情は一体どうなっているか

安心して眠る場所を確保するのに苦労がある

ホームレスというと段ボールを敷いて横になっている情景をイメージしやすいが、暴力・立ち退き・災害などにより、今やさまざまなパターンが見られるという(筆者撮影)
ホームレス。いわゆる路上生活をしている人たちを指す言葉だ。貧富の格差が広がる先進国において、最貧困層と言ってもいい。厚生労働省の調査によると日本のホームレスは年々減少傾向にあるものの、2018年1月時点で4977人(うち女性は177人)もいる。そんなホームレスたちがなぜ路上生活をするようになったのか。その胸の内とは何か。ホームレスを長年取材してきた筆者がルポでその実態に迫る連載の第10回。

ホームレスはどんなところで寝起きしているのか

今回はホームレス生活をする人たちの、住居事情を取り上げたいと思う。「ホームレス」とは「家がない」という意味なので、「ホームレスの住居」という言葉は矛盾しているのではないか?と思うかもしれない。だが、現実問題として、人はどこかで眠らなければならない。眠る場所=住居と考えて大きく間違ってはいないだろう。

毎日、ねぐらを変える人もいるし、ひとところに落ち着いて生活する人もいる。住居も、即席で作ったものから、かなりしっかりと建てたものまで、かなり差がある。

●段ボール

ホームレスが段ボールを敷いて横になっている情景をイメージする人は少なくないだろう。段ボールは入手しやすく、加工しやすい。防寒にも優れている。また段ボールを集めれば、金属ほど高くはないが買い取ってもらえる。とても使い勝手のよい素材なのだ。

この連載の一覧はこちら

ただ段ボールは紙なので、雨風にはとても弱い。段ボール製の家は、なるべくなら屋根のある場所に建てたい。かつては新宿西口の地下街にずらりと段ボール製の家が並んでいた。段ボール製の家にペンキなどで絵を描くアートがはやったこともあった。

駅構内や駅や高速道路の高架下などに段ボール製の家が並んでいた。ただ年々厳しくなり、段ボール製の家を作れる場所は少なくなってきている。中には恒久的に家を作るのを禁止するための、排除アートが設置されている場所もある。

排除アートは気づかれないようさりげなく設置されている場合も多い。例えば、ベンチの真ん中に手すりをつけたり、ベンチに角度がついていたりするのも排除アートの1つだ。そこで寝るのを防ぐために、そのような構造にしてある。もちろんホームレスだけでなく、酔っ払いなどが寝るのを防ぐためでもある。

もちろん仕方がない面もあるのだが、そういう排除アートを見るたびになんとも複雑な気持ちになる。

次ページ密閉空間スタイルを見かけなくなったのは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。